JGFAについて

いい釣りを、いつまでも。

数にこだわらず、自然の中で魚とのファイトを心から楽しみたい。野生の魚が生息できる自然環境を守っていきたい。大物と出会ったときは、感動の証として記録を残しておきたい。
年齢・性別・国籍を越えて、この志を持つあらゆるジャンルの釣り人が、釣り人のために運営する非営利団体がJGFA。Japan Game Fish Association の略称で、正式名称は「ジャパンゲームフィッシュ協会」です。
JGFAについて

IGFAの窓口

IGFA(インターナショナル・ゲームフィッシュ協会)とは、世界共通の釣りルールを提唱し、その普及および記録管理を行う国際的な釣りの団体です。当協会とIGFAとは互いに独立した団体ですが緊密な関係にあり、JGFAはIGFAの窓ロとしての機能も果しています。
JGFA結成のきっかけとなったハワイのHIBT
JGFA結成のきっかけとなったハワイのHIBT
左より岡田順三、ピーター フィシアン、一人おいて故西川龍三 故大西英徳、スタンレーハラの諸氏

生い立ち

ハワイのコナで開催されていたハワイ国際カジキ釣り大会(HIBT)には、日本から何人かのスポーツアングラーが別個に参加していました。現在の岡田名誉会長、故大西元会長や西川元副会長らは、HIBTの創設者であるピーター・フィシアン氏、当時の米国上院議員スタンレー・ハラ氏の紹介で知り合って意気投合し、当協会の結成に努力しました。協会としての設立は1979年です。当初数十人だった会員数も、現在は3,000名を超え、世界有数の釣り団体となりました。
発足当時三宅島で行われた東京ビルフィッシュトーナメント
発足当時三宅島で行われた東京ビルフィッシュトーナメント(略称TBT)でのスナップ