第44回JIBTは、総釣果37尾のカジキ。ケンマツウラ(B)エムエムが逆転優勝!


【第44回JIBTダイジェストムービー】
 
3年ぶりの開催となりました第44回JIBTは、風の予報が微妙に変わり、7/22(金)の大会1日目はたいへんよいコンディションで
開催でき、その釣果は素晴らしいものとなりました。しかし、2日目は南西の風が非常に強く、安全を最優先し、中止とさせていただきました。
7/24(日)3日目は、一転ナギに恵まれ、1日目に匹敵する釣果を得ることができました。

その釣果ですが、1日目が20尾、最終日の3日目が17尾、計37尾となりました。
このような素晴らしい釣果を得られましたことは下田の海と、カジキと、地元下田市はじめ、ご関係の皆様に心から感謝申し上げます。


開催日程:2022年7月21〜24日(木〜日・21日はウエルカムパーティー、大会2日目の7/23は悪天候で中止)

1日目(7/22)
スタートフィッシングは7:30。午前中は雨が降ったものの、その後は安定し、水温も26℃とクロカジキに最適な水温でした。
最初のヒットは8:05に寄せられ、ファーストマーリンは2番目にヒットコールを入れたマーベリックが8:45に達成しました。
その後も絶え間なくヒットコールが続き、その結果、大会初日はストライク数50を記録しました。
次々と釣果が続く中で、ブルファイターはタグ&リリース(以下、T&R)3尾(内訳:クロカジキ2、マカジキ1)を記録して、合計465ポイントで暫定1位に躍り出ました。
暫定2位はクロカジキ2尾のT&Rを決めたケンマツウラ(B)エムエムの390ポイント、暫定3位はクロカジキ185.5kgをランディングしたWOLFがその日の最大魚ポイントを加えて235.5ポイントを挙げ続きました。


2日目(7/23)
南西強風のため、安全に配慮し、やむなく中止とさせていただきました。


3日目(7/24)
前日の強風も収まり、7:05にスタートできました。
ストップフィッシングは14:00、検量締め切りを16:00と、こちらは予定通りにタイムスケジュールどおり行いました。
エリア北側の神子元島周辺は水温が21℃台に低下したため、大会エリアの南方面に向かうボートが多かったようです。
それでもスタートフィッシング後40分、7:45にONE SCENE からこの日最初のヒットコールが届きました。それからは1日目に負けないほどのヒットコールが続きました。
1日目にクロカジキ2尾のT&Rを決めたケンマツウラ(B)エムエムはこの日も絶好調で、1日目同様、50ポンドラインでクロカジキ2尾のT&Rを追加し、合計780ポイントとなり首位に躍り出ました。
その後もヒットコールが続くなか、ケンマツウラ(B)エムエムを上回るポイントを挙げるボートもなく、初日暫定トップのブルファイターもこの日は釣果を得られず、ポイントの積み増しができなかったことから
第44回JIBTはケンマツウラ(B)エムエムの優勝で幕を閉じました。

今回も2019年の第41回大会同様、下田港の一画をお借りし野外にて表彰パーティーを行いました。
選手550名、関係者の皆さん150名、合計700名を越えるパーティーとなり、大いに盛り上がりました。
この3日間、無事に開催でき、すばらしい釣果に恵まれたことをカジキにはもちろんのこと、スポンサーの皆様はじめ参加者ならびに多くの関係者の皆さんに心から感謝申しあげます。

★最大魚賞(西川龍三賞)は、クロカジキ185.5kgでWOLFの阪本健吾さんが獲得しました。
★参加チーム:94チーム(別途7チームキャンセルあり) 選手数:550人
★ストライク数:82 (カジキのみ)
★今大会釣果総尾数:37尾(クロカジキ36、マカジキ1)    タグ&リリース:28尾(クロカジキ27、マカジキ1)  キャッチ:9尾(すべてクロカジキ)


主催: NPO 法人 ジャパンゲームフィッシュ協会(JGFA )
後援: 農林水産省、静岡県、下田市、下田海上保安部、静岡県漁業協同組合連合会 ほか
協賛: 伊豆漁業協同組合、にいじま漁業協同組合、神津島漁業協同組合
協力: (株)ジー・エス・ティー、シダックス(株)、伊豆急行(株)、スキャリティ・ジャパン(株)、バゲーラスポーツ(株)、下田ボートサービス、まちおこしカジキサポートクラブ、マリンフェスタ下田実行委員会ほか


【特別協賛】 ご協賛ありがとうございました。
 (株)アールイーシー、 (株)一富士興業、 (株)かまとり住宅、グローブライド (株)
 (株)ケン・マツウラ リールジャパン、関根床用鋼板 (株)、日本セーフティー (株)
古野電気 (株)、 (株)バリバス、メルセデス・ベンツ日本 (株)、 (株)安田造船所
ヤマハ発動機 (株)    (社名50音順)
 
【第44回JIBT表彰結果】
2022.7.24
●開催期間:2022.7.22〜24 ●出場チーム:94チーム
●選手数:550名  ●出場艇:  94  艇(オーナーボート:  84 、チャーターボート:  10  )


大会期間のカジキデータ
月/日 ストライク数 タグ&リリース(尾) キャッチ(尾) 合計
マカジキ クロカジキ シロカジキ マカジキ クロカジキ シロカジキ
7/22 50 1 13   0 6   20
7/23 中止              
7/24 32 0 14   0 3   17
合計 82 1 27     9   37
★カジキの釣果があったチーム(失格除く):  30チーム/94チーム

●【団体総合】 (表彰3位まで)   T&R:タグ&リリース
順位 チーム
No.
チーム名 合計
ポイント
備考(日時・魚種・ライン・重量ほか)
1位 78 ケン・マツウラ(B) エムエム 780 クロカジキ 50lbライン T&R×4
2位 34 Bull Fighter 465 クロカジキ×2、マカジキ×1 50lbライン すべてT&R
3位 7 ブルーウォーター 417 クロカジキ 30lbライン 183.5kg(7/24最大魚)

●【個人総合】 (表彰3位まで)   T&R:タグ&リリース
順位 チームNo. アングラー名 チーム名 ポイント 備考(日時・魚種・ライン・重量ほか)
1位 78 磯貝 哲 ケン・マツウラ(B) エムエム 780 クロカジキ 50lbライン T&R×4
2位 34 杉山 和由 Bull Fighter 465 クロカジキ×2、マカジキ×1 50lbライン すべてT&R
3位 7 佐々木 周平 ブルーウォーター 417 クロカジキ 30lbライン 183.5kg(7/24最大魚)

●【西川龍三賞(最大魚賞)】 (表彰1位のみ・個人)
順位 チームNo. アングラー名 チーム名 重量 備考(日時・魚種・ライン・重量ほか)
1位 48 阪本 健吾 WOLF 185.5kg 1日目(7/22) クロカジキ 80lbライン 

●【チャーターボートキャプテン賞】 表彰1位のみ・1艇
順位 船名 船長名 ポイント 乗船チーム名 備考(日時・魚種・ライン・重量ほか)
1位 静栄丸 土屋 法久 390 マーメイドAC (A) 3日目 クロカジキ 50lbライン T&R×2

●【ベストセーフティー賞(下田海上保安部長賞)】 表彰1位のみ・1艇
チームNo. チーム名 キャプテン名 備考
101 すさき丸 田中 舟一 2日目、サップで流されていた人を救助


【第44回JIBT最終順位(全成績・失格を除く)】
(※同ポイントの場合は、大会ルールにより達成した時刻の早い方を優位とします。)
最終順位 チームポイント チームNo. チーム ボート名 キャプテン 備考
1 780 78 ケン.マツウラ (B) エムエム エムエム 水沼伸光 クロカジキ 50lbライン T&R×4
2 465 34 Bull Fighter  Bull Fighter 谷佳樹 クロカジキ×2、マカジキ×1   50lbライン すべてT&R
3 417 7 ブルーウォーター Blue Water 佐々木公明 クロカジキ 30lbライン  キャッチ183.5kg(7/24最大魚)
4 390 94 マーメイドAC  (A) 静栄丸 岡田順三 クロカジキ 50lbライン T&R×2
5 265.3 79 チーム愛晃丸&卓丸 卓丸 太田卓利 クロカジキ   80lbライン   キャッチ135.3kg    T&R×1 
6 260 10 DAIWA+PREDATOR Kazumi 青島常昌 クロカジキ 30lbライン T&R×1
6 260 50 JMC JMC 益田尚哉 クロカジキ 30lbライン T&R×1
6 260 77 ケン.マツウラ (A) LALA ララ.LALA 谷田育生 クロカジキ 30lbライン T&R×1
6 260 88 Team Popeye Marlin Club Y&TERRY II 星野英世 クロカジキ 30lbライン T&R×1
10 235.5 48 WOLF WOLF 大谷彰宏 クロカジキ   80lbライン   キャッチ185.5kg 
11 225.6 26 チームビーフラット ビーフラット 赤澤雅行 クロカジキ   30lbライン   キャッチ112.8kg
12 225 32 MAVERICK FC MAVERICK 石田良宣 クロカジキ 50lbライン T&R×1(1日目ファースト)
13 221.85 38 チームイグレック IGURECK 吉田光緒 クロカジキ   50lbライン   キャッチ147.9kg
14 195 5 片倉ボートFC KATAKURA 8 片倉和郎 クロカジキ 50lbライン T&R×1
14 195 8 チーム江戸徳 江戸徳 山田安宏 クロカジキ 50lbライン T&R×1
14 195 12 カンパニュラ SFC Campanula III 宇野明彦 クロカジキ 50lbライン T&R×1
14 195 17 チームバシリアス バシリアス 今野弘昭 クロカジキ 50lbライン T&R×1
14 195 30 ビッグマーリン Big Marlin 小幡照雄 クロカジキ 50lbライン T&R×1
14 195 40 中日本マハロ 中日本マハロ ?本祥敬 クロカジキ 50lbライン T&R×1
14 195 49 MAKENKI MAKENKI 中野雅之 クロカジキ 50lbライン T&R×1
14 195 55 オーパスフィッシングクラブ OPUS 真間幸弘 クロカジキ 50lbライン T&R×1
14 195 60 チーム DIADDICT DIADDICT 桑山貴洋 クロカジキ 50lbライン T&R×1
14 195 72 パザパ パザパ 中村正男 クロカジキ 50lbライン T&R×1
14 195 73 FIVE STAR Five Star III 湊川恒之 クロカジキ 50lbライン T&R×1
25 186.9 57 夢高  ヒジリゴリラ2 山崎夢高  クロカジキ   50lbライン   キャッチ124.6kg
26 141.2 24 シダックス SHIDAX II 志太勤一 クロカジキ   80lbライン   キャッチ141.2kg
27 130 66 VICTORY VICTORY号 松尾堅一 クロカジキ 80lbライン T&R×1
27 130 101 HAUNTS すさき丸 棟方良忠 クロカジキ 80lbライン T&R×1
29 73.8 89 Andy (アンディ) ANDY 安東弘至 クロカジキ   50lbライン   キャッチ98.4kg
30 60.1 90 TEAM TRUST TRUST III 土屋隆也 クロカジキ   130lbライン   キャッチ100.2kg

★海域内のカジキマークは、キャッチ、またはT&Rされた位置。  ●マークはバラシた位置です。同じ緯度経度のものは、1尾しか表示されていません。

【スタートフィッシング】3年ぶりのJIBTがスタートしました!

【チーム優勝】初日と最終日にクロカジキを2本ずつ、50ポンドラインでT&Rして優勝したケンマツウラ(B)エムエムの皆さん


【チーム2位】初日に2尾のクロカジキとマカジキ1尾を50ポンドラインでT&Rして2位となったブルファイターの皆さん。

【チーム3位】最終日にクロカジキ183.5kgを30ポンドラインでキャッチして3位に入ったブルーウォーターの皆さん。


【最大魚】初日にクロカジキ185.5kgを釣ったウルフの阪本健吾さんとチームの皆さん。ラインは、80ポンドでした

【チャーターボートキャプテン賞】マーメイドC(A)チームのアングラー・高山浩一さんが50ポンドラインで2尾のクロカジキをT&Rし、チャーターボートキャプテン賞を静栄丸・土屋法久船長にもたらしました


【タグ&リリース】今回も多くのカジキがタグ&リリースされました。カジキの背中にタグが付いています(写真提供:DAIWA  金子新さんが30ポンドラインで釣った推定100kgのクロカジキ)

【タックルチェック】カジキを釣ったチームは全チームこうしてタックルチェックを受けます。その後、審査がすべてOKとなると写真撮影に入ります


【ベストセーフティ賞】2日目、大会は休風のため中止されましたが、サップで流されていた人を救助した「すさき丸」田中舟一船長に贈られました

【個人総合】個人総合1位は、チーム優勝したケンマツウラ(B)エムエムのアングラー・磯貝哲さんが受賞しました。個人総合2位、3位もチーム2位、3位のアングラーがそれぞれ受賞しました


【団体総合第3位】最終日に30ポンドラインでクロカジキ183.5kgをキャッチしたブルーウォーターの皆さん

【団体総合第2位】1日目にクロカジキ2尾、マカジキ1尾をT&Rし、トップに立ったブルファイターの皆さん。あともう少しで優勝でしたが…


【団体総合優勝・農林水産大臣賞】1日目に2尾、最終日にも2尾のクロカジキを50ポンドラインでT&Rし、素晴らしい成績で優勝したケンマツウラ(B)エムエムの皆さん。おめでとうございます!