世界記録と日本記録はそれぞれ独立して審査することになりました。

皆様

 日頃よりJGFAの活動、特に日本記録、世界記録にご関心をお持ちいただき、ありがとうございます。

さて、既報のとおり、2017年4月1日より釣ったものに関しまして、IGFAルールが一部変更になりました。
★詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.jgfa.or.jp/news/topics/p000821-copy.html

しかしながらJGFAでは、最低申請重量に関しまして、今回の世界記録ルールの変更とは別に日本記録の最低申請重量は従来どおりといたしました。
http://www.jgfa.or.jp/news/topics/p000831.html

これに関連しまして、2011年1月より続いておりました「世界記録に相当する日本記録は、世界記録の結果を待って判断する」という規定を破棄し、世界記録に相当するものはもちろん世界記録に申請いたしますが、それらの日本記録については世界記録の結果を待つことなく別個に審査する方向といたしました。(2017年4月以降の審査から適用しております。) 
ただし、 フライフィッシングの場合は、従来どおり、世界記録に相当するものはこちらではクラスティペットを切れませんので、そのままIGFAに世界記録申請し、その結果を日本記録に反映いたします。
 

★IGFAルールの全文はこちらをご覧ください。
http://www.jgfa.or.jp/global-image/units/upfiles/5134-1-20150904142258.pdf