5/30【第13回芦田川エコ&フィッシング大会】結果レポート

・開催日:2015年5月30日(土曜日)  
・場所:広島県芦田川下流部左岸
・主催:芦田川エコ&フィッシング大会実行委員会&トゥルーブルーFC
・後援:JGFAほか
・協賛:釣具メーカー等多数

【タイムスケジュール】
6:00受付開始  6:30開会式  6:45競技開始  11:00競技終了  11:30閉会式   12:00終了

【当日の概況】
2015年5月30日、広島県福山市を流れる芦田川下流域で今年も「芦田川エコ&フィッシング大会」(釣りをしながら清掃活動をする大会)を開催いたしました。
★このイベントは、釣りの部もさることながら、ゴミの量(目方)で順位を競う「クリーンアップの部」という部門があって、そのユニークさが売り物です。

当日は雨予報を裏切り天候にも恵まれ、清々しい気持ちでイベントスタートできました。
スタート時、魚影もあり雰囲気は良く感じましたが、中々ヒットがありませんでした。スタートして1時間経過してようやくナマズがヒットし、その後連続ナマズの5ヒットとなり盛り上がりましたが、その他の魚種の釣果なく大会開始以来初めて、ナマズのみの釣果となりました。
クリーンアップ部門では、年々ゴミの量が減少しています。参加者から「今年はゴミ全然ないね」というお話を聞くと年々河川敷がきれいになっている事を実感できます。
「毎年楽しみにしています」「前回楽しかったから今年は家族で!」「今年は絶対入賞する!」等のお話を聞くことはうれしい限りです。直接参加者とお話ができる距離感やアットホーム感も本大会の特徴と思います。
今年も大きな問題もなく大会を終了することができました。
参加していただいた皆様、協賛企業様、ご協力いただいたボランティアの皆様に感謝しつつ来年も素晴らしい大会になるよう企画、準備を行います。次回もご協力宜しくお願い致します。
(報告:芦田川エコ&フィッシング大会事務局 福島英樹)
 
■ イベント総動員数 104名
■ ボランティア人数 計29名
■ JGFA会員加入人数  43名
■ 競技参加人数 計75名
・一般の部:48名    ・エキスパートの部:6名   ・クリーンアップの部:21名
 
【成績】
■ 一般の部:(魚種とサイズ:すべてナマズ、全長)
1 松井 孝行 70 cm
2 新谷 健斗 66 cm
3 掛谷 陸人 63 cm
4 横山 純聖 55 cm
4 藤井 燎平 55 cm
5 甲上 博視 48 cm
 
■ エキスパートの部
 表彰者なし
 
■ クリーンアップの部(単位kg)
1 松葉 勇哉 16.24
2 神原 和之 13.87
3 澤村 俊幸 11.84
4 加藤 広宣 7.78
5 山代 真嗣 6.80
6 川上 奈緒子 6.28
 
■ ゴミ収集量
108.45kg(72.73kg) ( )内は前回大会

一般の部ではナマズがよく釣れました。優勝の全長70cm

一般の部の入賞者の皆さん

家族みんなでゴミ拾い

昨年よりだいぶ減りました。

クリーンアップの部の入賞者の皆さん

芦田川がきれいになるように心から願ってます!