第40回記念JIBT 第1日目は記念大会に相応しい40尾のカジキ!

第40回記念JIBTは、すばらしい潮況に恵まれ、開始直後からヒットコールのラッシュとなった。
大会エリアは、ちょうど黒潮の蛇行の屈曲部分外側に入り、潮温も28℃を超え、すばらしい水色にも恵まれた。下田港から近いエリアからヒョータンまでのさまざまなエリアがポイントとなった。7:56のストライクを皮切りに、途切れることなく計79ヒットが続き、T&Rが27尾、キャッチが13尾の計40尾(クロカジキ38尾およびマカジキ2尾)の釣果となった。
初日の順位は、計3尾(うちタグ1尾、キャッチ134.6kg及び131.5kg、すべて50ポンドライン)を釣り上げたシードリームが594.225ポイントで暫定首位となり、田中信行キャプテンのサンダーが同様に3尾(タグ1尾80lポンドラインおよびタグ2尾50ポンドライン)の520ポイントで続いた。初日のファーストマーリンは8:45に MALIBU、最大魚はリトルマーメイドのクロカジキ149.45kgであった。
天候はとても安定しており、とてもいいナギとなっている。この調子が続くようであれば、過去最高の釣果に恵まれるのではないか?熱中症には気をつけつつ、皆さんの健釣を期待する。
 

40回記念JIBTがいよいよ始まりました。スタートフィッシング!スタートフィッシング!スタートフィッシング!!!

暫定首位 シードリーム


暫定2位 サンダー

暫定3位 グランテム


シードリーム ファイト中