第38回JIBTは3日間でカジキ7尾。コアマーリンクラブ(コアドリーム)が念願の初優勝!

 第38回JIBTは、夏とは思えない寒さそして北東強風にたたられましたが、なんとか3日間無事に開催できました。
大会エリアの水温は伊豆諸島周辺に居座る冷水塊のため、初日(7/22)21℃台、3日目の最終日にしてやっと24℃台のところが現れるといった低水温が続き、水色もよくない中での開催でした。そのため、大会期間中釣れたのはマカジキ6尾、シロカジキ1尾の合計7尾で、水温25℃以上を好むクロカジキは釣れませんでした。
 
 1日目(7/22)は北東強風しかも雨の中、6回アタリはあったものの、釣果はゼロ。(カジキ釣りではアタリのことをヒット、あるいはストライクといいます。)
 
 2日目(7/23)は、雨はないものの北東強風は続き、それでもなんとかシロカジキ1尾(160.3kg)、マカジキ3尾(50kg台)計4尾があがりました。カジキのストライクは7回ありました。この結果、2日目までの暫定1位はコアドリーム。シロカジキ160.3kgをファイトタイム4時間25分の末ランディングし、当日の最大魚ボーナスポイントを加えて290.45ポイントを獲得。暫定2位は推定60kgのマカジキを30ポンドラインでタグ&リリースしたカンパニュラIIIで100ポイント、暫定3位は大会のファーストマーリンとなるマカジキ52.5kgを80ポンドラインでランディングしたイーストワンでファーストマーリンポイントを加え82.5ポイントでした。
 
 3日目(7/24・最終日)の早朝はやっと風も収まりベタ凪、晴れのいい天候になりましたが、日が昇るにつれ、またもや北東強風になってしまいました。
スタートフィッシングは前日同様7:00。参加艇は少しでも水温や水色のいいエリアを探しながらルアーを引きます。この日最初のヒットコールは8:16、ふじこう丸。しかし、すぐにフックが外れてしまいました。続いて8:46に地元チャーターボートの光明丸がヒットさせましたがこれも8分後にフックが外れてしまいました。小型のマカジキのようです。
そんな中、この日最初の釣果は11:12にLEVANTE(レバンテ)が30ポンドラインで推定40kgのマカジキをタグ&リリースし100ポイントを獲得しました。次の釣果は11:44にマカジキ28.6kgを50ポンドラインでランディングしたアイエヌジー。この前後にもカジキのストライクはあるもののフックはずれが多くなかなか釣果につながりません。そしてこの日の最後の釣果は12:06にマカジキを30ポンドラインでタグ&リリースしたブラックパール。最終日はダブルヒット(同時に2本のロッドにヒットすること)を含め17回のストライクがありましたが、釣果は3尾と少なく、大会合計7尾の釣果をもって14:00、ストップフィッシングとなりました。
 
 ★この結果、2日目(7/23)にシロカジキ160.3kgをランディングしたコアマーリンクラブ(ボート:コアドリーム)が25回目の出場にして念願の初優勝を飾りました。
★最大魚賞(西川龍三賞)はシロカジキ160.3kgをあげたコアドリームの本田寿浩さんが獲得しました。
 
★参加チーム:86チーム(当初90チームより4チームキャンセル) 選手数:425人
★ストライク数:30(カジキのみ)
★今大会釣果総尾数:7尾(シロカジキ1、マカジキ6))
★タグ&リリース:4尾(すべてマカジキ)
★キャッチ:3尾(シロカジキ1、マカジキ2))

主催: NPO 法人 ジャパンゲームフィッシュ協会(JGFA )
後援: 農林水産省・静岡県・下田海上保安部・下田市・静岡県漁業協同組合連合会他
協賛: 伊豆漁業協同組合・にいじま漁業協同組合・神津島漁業協同組合
協力: (株)安田造船所・(株)エースマリン・シダックス(株)・伊豆急行(株)・下田ボートサービス・まちおこしカジキサポートクラブ・マリンフェスタ下田実行委員会ほか 

【特別協賛】ご協賛ありがとうございました。



【第38回 JIBT表彰式 オープニングムービー】


【第38回 JIBT表彰結果】
2016.7.24
●開催期間:2016.7.22〜24 ●出場チーム:86チーム
●選手数:425名
●出場艇:86艇(オーナーボート:74 、チャーターボート:12 )
●大会期間のカジキデータ
月/日 ストライク数 タグ&リリース(尾) キャッチ(尾) 合計
7/22 6 0 0 0
7/23 7 2 2 4
7/24 17 2 1 3
合計 30 4 3 7
★カジキのストライクがあったチーム:27チーム/86チーム
★カジキの釣果があったチーム:7チーム/86チーム

●【団体総合】(表彰3位まで)T&R:タグ&リリース
順位 チーム
No.
チーム名 合計
ポイント
備考
1位 22 コアマーリンクラブ 290.45 7月23日 12:44、シロカジキ160.3kgキャッチ、50ポンドライン
2位 17 カンパニュラ III 100 7月23日 9:50、マカジキ推定60kg T&R、30ポンドライン(同点の場合、時刻優先)
3位 45 LEVANTE 100 7月24日 11:12、マカジキ推定40kg T&R、30ポンドライン(同点)

●【個人総合】(表彰3位まで)
順位 チームNo. アングラー名 チーム名 ポイント 備考
1位 22 本田 寿浩 コアマーリンクラブ 290.45 7月23日 12:44、シロカジキ160.3kgキャッチ、50ポンドライン
2位 17 池谷  栄 カンパニュラ III 100 7月23日 9:50、マカジキ推定60kg T&R、30ポンドライン(同点の場合、時刻優先)
3位 45 岡本 達幸 LEVANTE 100 7月24日 11:12、マカジキ推定40kg T&R、30ポンドライン(同点)

●【タグ&リリース賞】(表彰1位のみ・チーム)
順位 チーム
No.
チーム名 合計ポイント 備考
1位 17 カンパニュラ III 100 マカジキ、30ポンドライン、推定60kg

●【西川龍三賞(最大魚賞)】(表彰1位のみ・個人)
順位 チームNo. アングラー名 チーム名 重量 備考
1位 22 本田 寿浩 コアマーリンクラブ 160.3 7月23日 12:44、シロカジキ、50ポンドライン

●【ファーストマーリン賞】(表彰1位のみ・個人)
順位 チームNo. アングラー名 チーム名 ランディング(またはT&R)日時 備考
1位 71 福山 雄大 イーストワン 7月23日 8:07  マカジキ 52.5kg キャッチ、80ポンドライン

●【レディース賞】(表彰1位のみ・個人)
順位 チームNo. アングラー名 チーム名 ポイント 備考
1位 該当なし        

●【チャーターボートキャプテン賞】(表彰3位まで・個人)
順位 船名 船長名 ポイント チーム名 備考
 1位 該当なし        
 2位 該当なし        
 3位 該当なし        

●【ベストセーフティー賞(下田海上保安部長賞)】(表彰1位のみ・チーム)
チームNo. チーム名 備考
      本部船・人徳丸・田中克佳氏 長年、本部船の船長として大会の安全に尽力した人徳丸・田中克佳氏(2016年1月逝去)の功績を讃えて。


【第38回JIBT全成績】

チーム順位 チームNo. チーム名 アングラー名 ポイント計 ボート
1 22 コアマーリンクラブ 本田 寿浩 290.45 コアドリーム
2 17 カンパニュラ III 池谷  栄 100 Campanula III
3 45 LEVANTE 岡本 達幸 100 LEVANTE
4 38 BLACK PEARL FC 浅野 真一郎 100 BLACK PEARL
5 71 イーストワン 福山 雄大 82.5 East One
6 66 チームコバルト HANG OVER II 中丸 裕司 75 HANG OVER II
7 29 アイエヌジーフィッシングクラブ 石川 俊彦 71.45 アイエヌジー

※詳細な成績表はこちらのpdfにてご覧頂けます。

第38回JIBT全成績

第38回JIBT全成績(69.3KB)

PDFファイルをご覧になるには、Adobe® Reader®が必要です。


★海域内のカジキマークは、キャッチ、またはT&Rされた位置。  ■マークはバラシた位置です。同じ緯度経度のものは、1尾しか表示されていません。
 

【スタートフィッシング】冷たい北東の強風をものともせず、一斉にスタート!!3日間のカジキ釣り大会が始まりました

【参加ボート】オーナーボート74、チャーターボート(地元遊漁船)12 計86艇が参加しました


【チーム1位】2日目(7/23)、ファイトタイム4時間25分でシロカジキ160.3kgをキャッチし、チーム1位になったコアマーリンクラブの皆さん

【チーム2位】2日目(7/23)、30ポンドラインでマカジキ推定60kgをT&Rし、2位になったカンパニュラ IIIの皆さん


【チーム3位】3日目(7/24)、30ポンドラインでマカジキ推定40kgをT&Rし、2位のカンパニュラIIIと同ポイントになりましたが釣った時間差で3位になったLEVANTE(レバンテ)の皆さん

【個人1位&最大魚賞】コアマーリンクラブのアングラー本田寿浩さんが釣ったシロカジ160.3kg が、個人1位および最大魚賞(西川龍三賞)に輝きました


【個人2位】カンパニュラ III のアングラー池谷栄さんがマカジキ推定60kgをT&Rし、個人2位となりました

【個人3位】レバンテのアングラー岡本達幸さんがマカジキ推定40kgをT&Rし、釣った時間差で個人3位となりました


【カジキのタグ&リリース】JIBTでは数多くのカジキがT&Rされています。写真はマカジキで、オレンジ色のタグが見えます。

【前夜祭】7/21の夜、伊豆漁協の市場荷捌き場をお借りして盛大に前夜祭が開かれました


【かじきミュージアム見学】下田ベイステージ4階には日本でここにしかない「かじきミュージアム」があります。地元の小学生の皆さんが見学

【ボランティアクルーズ】かじきミュージアムの見学の次はJIBT参加ボートに乗船体験しました


【タックルチェック】審査はIGFAルールという国際ルールに則って使った釣具がチェックされます。これは使ったリーダーの長さをチェックしているところ

【下田マリンフェスティバル】恒例のマリンフェスティバルが開かれました。氷のカジキ彫刻も登場


【カジキの検量】今大会最大となったシロカジキ160.3kgを検量しているシーンです

【団体総合優勝】コアマーリンクラブが25回の出場で念願の初優勝を成し遂げました。農林水産大臣賞、静岡県知事賞のほか、来年のハワイHIBTの出場権も勝ち取りました


【フィナーレ】86チーム、選手425人、関係者160名、合計585名の規模で行なわれた第38回JIBTもフィナーレを迎えました。また来年もカジキと仲間に出会えますように!