10/14(日)【東京湾のスズキ・シンポジウム あれから20年】JGFAメルマガVOL.311.2018.6.27

★10/14(日)【東京湾のスズキ・シンポジウム あれから20年】開催のご案内

JGFAのタグ&リリースプログラムで得られた東京湾でタグ&リリースされたスズキの移動経路。そのほかのデータも発表します

▼とき   :2018年10月14日(日) 15:30~17:30
▼ところ  :東京夢の島マリーナ会議室(2F)    http://www.yumenoshima-marina.jp/   JR京葉線・りんかい線・東京メトロ有楽町線「新木場」駅から徒歩15分。       
▼参加費  :シンポジウムは無料 / JGFA40周年記念パーティー:5,000円(当日受付)
 
東京湾のスズキは大都会の傍らで釣れるすばらしい魚です。そのスズキが釣れにくくなったのはなぜなのか…。JGFAは今から20年前、JGFA20周年記念事業としてこのテーマを取り上げシンポジウムを開き、1985年から開始した東京湾のスズキのタグ&リリース結果を発表しました。このシ ンポジウムでは、釣り人、研究者、行政、漁業者、遊漁船業者から一人ずつパネラーとして各立場からの意見を述べ、そしてテーマであるスズキについて釣り人が抱える不安や疑問に対してディスカッショ ンしました。
あれから20年、東京湾では今でもスズキ釣りは行われていますが、現状はどうなのか?改めて専門家の方をパネラーに迎えシンポジウムを開き、考え、行動していきたいと思います。
当日はJGFA40周年記念パーティーも同時開催。どなたでも参加できますので、ぜひご参加く ださい。お待ちしております。
★パネラー(予定) ▽徳永兼三(JGFAアンバサダー) ▽大野和彦(船橋市漁協・大傳丸) ▽工藤孝浩(日本魚類学会)  ▽櫻井政和(水産庁) ▽森聡之(JGFA評議員・釣魚保全委員会) 
 
お問い合わせ:JGFA事務局 TEL: 03-6280-3950   FAX :03-6280-3952  Eメール japan@jgfa.or.jp 

★詳しくはこちらをご覧ください↓
http://www.jgfa.or.jp/news/event/p000949.html

★【新規会員募集中! 入会金無料キャンペーン実施中】

JGFAでは、11月~翌年1月、5月~7月を入会金無料キャンペーン期間としています(年会費は必要)。このキャンペーン期間にぜひご入会を!
★JGFA主催および後援のイベントでのご入会も従来どおり、入会金無料となります。
★入会金無料の対象はレギュラー会員、正会員、ファミリー会員となります。
★入会案内および会員種別に関してはこちらをご覧ください。

★詳しくはこちらをご覧ください↓
http://www.jgfa.or.jp/about/entry/index.html


【入会に関するお問い合わせ先】
JGFA事務局
TEL:  03-6280-3950  FAX:  03-6280-3952
 Eメール japan@jgfa.or.jp

★9/16(日)【沖釣りサーキット第1戦ヒラメ大会】参加者募集中!

2017年の大会で6.15㎏(全長85cm)の見事なサイズのヒラメで優勝した榎原進さん

 【大会要項】
●開催日 2018年9月16日(日) 小雨決行 荒天の場合は9月23日(日)に順延
●釣り場 千葉県飯岡港・隆正丸=℡090-3687-9000=から出船。 隆正丸のホームページ
 http://www.ryushomaru.com/index.html
●対象魚  全長40cm以上のヒラメ
●募集人数 30人(2隻出し)
●参加資格 どなたでも参加できます。
●参加費  13,000円(船代、餌代、JGFAサポート会員登録費=1,000円、懇親会費含む)
 女性、中学生以下は8,500円 ただし、すでにJGFA会員の方は、それぞれ1,000円引きとなります。
▼出船 午前4時30分 ストップフィッシング(納竿)同11時30分
 帰港後、表彰式、懇親会を午後1時まで予定
●参加申し込みは…→JGFA事務局まで。
Eメールはこちら  japan@jgfa.or.jp   FAX:03-6280-3952


★詳しくはこちらをご覧ください↓
http://www.jgfa.or.jp/news/event/p000868.html

★10/14【JGFA40周年記念パーティー】を開催します

 JGFA40周年記念パーティーが開催される「東京夢の島マリーナ」

JGFA40周年記念パーティーが開催される「東京夢の島マリーナ」

JGFAの40周年記念パーティーを東京都江東区夢の島3-2-1「東京夢の島マリーナ」で開催いたします。屋外でのバーベキュー、キャスティングゲームなど、アウトドアで楽しめるイベントも計画中。また、東京湾のスズキの資源保全をテーマにしたシンポジウムも行う予定です。お友達やご家族、お子様の参加も大歓迎ですので、奮ってご参加ください。

▼会 費 パーティー 5,000円(シンポジウムは無料です。)
▼と き 10月14日(日) 午後3時から

▼ところ 東京夢の島マリーナ=TEL03-5569-2713 駐車場300台収容。料金1日510円。


【お問い合わせ先】
JGFA事務局 TEL:  03-6280-3950  FAX:  03-6280-3952  Eメール japan@jgfa.or.jp

★5/27「第22回サバロカップ」結果レポート

グランドチャンピオンはクラブビッグワンズの野口治さん(左から2人目)

東京湾のシーバスを対象に5月27日(日)に「第22回サバロカップ」が開催されました。釣ったシーバスの最大魚1尾で競う個人戦で、オールタグ&リリース、バーブレスフックで行われます。今回は4/15が当初の日程でしたが悪天候で延期されたため、参加人数が大幅に減ってしまいました。その結果、15チーム44人(女性アングラー5人)で134尾のシーバスにT&R。本部のある横浜近辺は低調で、千葉方面に走ったチームが数型共によく、配布した25本のタグを 2チームがすべて打ち切っていました。ただ、70cmオーバーは1尾も釣れなかったことが気掛かりでした。ちなみに前大会の70cmオーバーは9尾でした。

【大会成績】(敬称略)
優勝 野口治(クラブビッグワンズ)68cmをT&R
2位  知念和道(ベイワイズ 青山キャプテン)66cmをT&R
2位  吉田悠希(プレアデス 堀江キャプテン)66cmをT&R
シニア賞  北村秀行(チャーマス) 63.5cmをT&R
フライ大物賞  丸橋英三  三田恭嗣
最多リリース賞 平山満(フライングフィッシュA)15尾T&R
 
★更なる詳細はこちらをごらんください。


 

★7/1(日)【第2回松山沖タイラバ大会】参加者募集中!

瀬戸内海の愛媛県・松山沖をメインに第2回となるタイラバ大会を開催します。奮ってご参加ください。
 
▼主催     NPO法人 瀬戸内西部遊漁船協議会 (JGFA賛助会員)
▼と き    2018年7月1日(日) 出航 7:00AM   13:30  予備日 7月29日(日)
▼ところ      堀江港 「うみてらす」 (〒799-2651 愛媛県松山市堀江町甲)
▼定員      150人
▼参加費   12,000円 ※当日現地でお支払いください。(遊漁船乗船料金を含みます)
▼競技規定  2尾重量(同重量の場合は、1尾の長寸で審査)
 
★お問い合わせ先
NPO法人 瀬戸内西部遊漁船協議会  大会実行委員
▽濱本 090-3460-4996  ▽大林 090-4505-3568 ▽西岡 090-8692-5743 ▽片山 090-5912-9944
 E-Mail  でのお問い合わせは  ssyk.tournament@gmail.com
 

【世界記録申請中です!】

坂本幸博さんが釣った1.30kgのクログチ

クログチ、世界記録申請中!

★クログチ 1.30kg    坂本 幸博さん 

▼釣った日   2018.4.8

オールタックル

オールタックル部門で数々の記録を保持する埼玉県秩父市の坂本幸博さん。今回は大分県の豊後水道へ足を延ばし豊予海峡で180mの深海釣りに挑戦しました。「狙いは大カサゴでしたが、いきなりグングン竿をしならせる魚がヒットしました」と坂本さん。乗組員から「それはカマガリ」と言われたが、下調べでそれがクログチだということは知っていた。引きのいい魚でやり取りをエンジョイしながら上げたのがこれ。「記憶に残る嬉しい1尾になりました」と坂本さんは喜んでいます。全長は53.5cm、胴回り30cm。

フライ・2kgティペットで8.40kgのコイを釣った奥山幸代さん(左)

フライで釣ったコイを世界記録申請中!

コイ  8.40kg     奥山 幸代さん
▼釣った日   2018.4.3
フライ/淡水/女性
W-2kgティペットクラス(W:女性)

東京都と神奈川県の境を流れる多摩川で、羽村市に住む奥山幸代さんが釣り上げたのは8.40kgの大ゴイ。大好きなフライ、それも2kgの細いティペットで釣り上げたので、アシストしていたご主人の文弥さんも満足顔。食パンを模したドライフライで狙ったのが当たったようです。ちなみに全長は75cm、胴回りは57cmありました。

【日本記録になりました!】

バスやナマズの入れ掛かりに楽しい一日となった高橋恵里香さん

1.76kgkのナマズで日本記録になった高橋恵里香さん

★ナマズ 1.76kg    高橋 恵里香さん
▼釣った日   2018.4.30
淡水/女性
W-8kgラインクラス
(W:女性)
埼玉県春日部市の高橋恵里香さんが訪れたのは東京都の多摩川。ミミズを餌にキャスティングを繰り返していると、ナマズとブラックバスがほぼ入れ掛かり状態になったとか。中でもナマズは型が良く、最大は1.76kg。全長66cmもありました。魚の多さに驚かされた高橋さん。「タマゾン川はすばらして!!」と、絶賛していました。
 
★最新の日本記録リストはこちら↓  
        http://www.jgfa.or.jp/record/  

★2018年6月27日現在、22件が世界記録申請中

(世界記録の審査結果通知はIGFAから直接本人あてに届きます。認定された方はJGFA事務局までご一報ください)

…お知らせ…

通信端末トレンドの変化を受け、HTML版でないテキストのみのメールマガジンの配信は、終了いたしました。なにとぞご了承くださいませ。なお、JGFAのホームページには以前に発行したメールマガジンのアーカイブがございますので、ぜひご活用ください。
お問い合わせに関するご案内
「配信の停止」についてはhttps://www.jgfa.or.jp/mailmag/より解約を行ってください。
※お使いのメーラーでHTMLメールを表示できない場合は、こちらからもご覧いただけます。
© JGFA. All rights reserved.