JGFAロゴ Japan Game Fish Association
 
HOTニュース HOT NEWS

服部名人を囲む懇親タイ釣り大会が開かれました


「沖釣りもIGFAルールで」という服部義郎名人(JGFA名誉会員)の発案から、JGFAとしてその旗揚げとなる釣り大会を開きました。
ルアーやフライやトローリングだけがIGFAルールで認められるわけではなく、エサ釣りだって、また、認められる地域ならコマセ釣りだって
IGFAルールで認められることをアピールしようというのが今回の目的です。
タイ釣り大会と名打ったものの本命のマダイは1kg前後が14人で1尾と残念な結果に終わりましたが、参加したアングラーは大いに沖釣りを楽しみ充実した1日を過ごしました。皆さんも沖釣りをIGFAルールで楽しんでみませんか。
次回は、2003年9月27日(土)に開催します!!

●日時 :2003年5月17日(土) 7:00出船〜14:00沖上がり
●場所 :神奈川県久里浜・船宿「ムツ六」
●釣り場:久里浜沖水深50〜60m前後の浦賀水道
●参加者:16名(うち、助手役の裏方さん2名含む)
●ルール:IGFAルール。電動リール、クッションゴムは不可。
     マダイのバッグリミットをキープ1尾(1人)と設定。
     オールリリースも奨励。
●釣果 :マダイ1kg前後・・・1尾(参加者全体で) 
服部名人の発案で、マダイを相手にIGFAルールでの
沖釣り大会が開かれました。出船前に今大会の趣旨を説
明する服部名人(中央)。バッグリミットは、マダイ1尾。
ラインはPE2号(10kgラインクラス相当)に統一しました。
あがったマダイは全員でこれ1尾。貴重な釣果となり
ました。0.8kgほどでしたが「うらやましい−」。
アングラーは石堂貞美さん(マーメイドAC)。
大きなマサバ(40僖ーバー)は結構釣れたんですがねぇ。
マダイによく似たハナダイ(正式な標準和名は「チダイ」)。
チダイとしては結構の大型なのでオールタックル日本記録
として申請することになりました。とりあえず、この大会
で記録申請する魚が出てよかったです。
アングラーは小出礎(つみし)さん(クラブフィールドマジ
シャン)でした。
船から下りて全員でパチリ。岡田順三会長(2列目左から
2人目)も最近は沖釣りに凝っていて、マコガレイやアイ
ナメやマアジの記録を持っています。みんなの笑顔が楽し
かった大会だったことを雄弁に物語っています。(大きな
サバが釣れたんでそれで満足したのかも?!)
船からあがって「ムツ六」さんの2階でプチ宴会。
おいしい料理はすし以外は奥さんの手作りだったとか。
ありがとうございました。
服部名人の企画で大いに楽しんだ参加者は次回「リベ
ンジだ!」と秋にまた沖釣り大会を開くことを決めま
した。次回開催は、2003.9/27(土)に決定しました。