JGFAロゴ Japan Game Fish Association
 
HOTニュース HOT NEWS

10/17服部名人杯・沖釣りサーキット第3戦「剣崎沖ワラサ」大会結果レポート


「沖釣りもIGFAルールで」という服部善郎名人(JGFA名誉会員)の呼びかけで始まったJGFAの沖釣りサーキット。そして、このたび、第3戦のワラサ大会が神奈川県剣崎沖で開催されました。(写真提供:林悠二さん/スポニチ、伊達志織さん/マーメイドAC)

★ルアーやフライやトローリングだけがIGFAルールで認められるわけではなく、エサ釣りだって、IGFAルールで認められることをアピールしようというのがこのイベントの趣旨。
★同時に、将来の資源を大事にしようという「バッグリミット」を啓蒙するためのイベントでもあります。
★バッグリミットとは……魚を減らさないために、持ち帰る魚の尾数やサイズを制限すること。たくさん釣れるような場合には、バッグリミット分以内を持ち帰り、他はリリースするというシステム。昔、魚を持ち帰る際に袋(バッグ)を用いたことから、バッグリミットと呼ばれるようになりました。
★リーグ戦といっても親睦が第一。「楽しく和やかに」が合い言葉です。

●日時 :2010年10月17日(日)  出船 6:30〜沖上がり 13:00
●場所 :神奈川県剣崎港・船宿「大松丸」 TEL:046-886-1244
大松丸のホームページ
●釣り場:剣崎沖 水深40〜60m
●参加:14人 (1隻)
●参加資格:JGFA会員およびその家族、友人
●参加費:12,000円(船代、餌・コマセ、氷、放流寄付金、懇親食事会費込み)女性、中学生以下は1,000円引き。
●ルール:IGFAルール。電動リール、クッションゴムは不可。
●当日の仕掛け:道糸:PE4〜5号、リーダー(ハリス):8号。ビシ80号。
※ハリスの長さはIGFAルールの規定により、先糸とテンビンの長さを含めてハリの末端まで9.14m以内で行いました。
●審査対象:ブリ全長40儖幣1尾の重量
●バッグリミット:ブリ全長40儖幣2尾(1人)まで。他魚については合計10尾まで。もちろん、オールリリースも奨励。

【当日の概況】
●早朝から北東風少しの曇り空で釣りにはもってこいのまずまずのコンディション。大会は予定通り6:30出港。今回の参加者は14人で、大型船1隻で出船しました。
●釣り場は剣崎沖であっという間に到着。水深58m前後で開始です。棚は底から8m切ったところ。と船長からアナウンス。    
●一斉に仕掛けを投入し、底立ちを取るか取らないうちに右舷胴の間の伊達武さん(マーメイドアングラーズC)にいい当たり。竿が締めこまれて、いいファイトの末にワラサ2.40圓早速あがり、幸先よいスタート。ほぼ同時にヒットした右舷ミヨシの斉藤守俊さん(浅野和也会員の友人)も1團ラスのマダイを上げました。
●スタートがよかったのでこれは入れ食いになるかと思いきや、その後は、ホシザメ、サワラ、ヒラソウダ、小型マダイといった魚たちが飽きない程度に釣れてくるといった感じになってしまいました。
●次に本命がヒットしたのは、9:00を回ったころ。取材がてら竿を出していたスポニチ・林悠二さん(マーメイドアングラーズC)にワラサ2.65kgが。これが本日最大となりましたが、選手としての参加でないために参考ということに・・・。
●下船後は懇親パーティー。港に隣接した江奈ビレッジ2階テラスで和やかな時間を楽しました。参加者から集めた稚魚放流寄付金が、服部名人から大松丸の奥様に手渡され解散となりました。
★服部名人のIGFA釣りの殿堂入りセレモニー:来る10月26日にフロリダのIGFA殿堂ホールで開催。服部名人は奥様とご一緒に授賞式に参列されます。本当におめでとうございます!
★日本での「服部名人IGFA釣りの殿堂入り祝賀パーティー」は、来年(2011年)1月29日(土)12:30受付〜16:00、東京プリンスホテル・プロビデンスホールで開催。ぜひ、ご参加を!
 
【大会成績】(ワラサ1尾の重量、単位Kg) 
1位 伊達武(マーメイドアングラーズC) 2.40kg
2位 斉藤守俊(会員外)         1.00Kg
3位以下、該当者なし
以下は参考:
林悠二(スポニチの取材) ワラサ2.65kg
斉藤守俊(会員外)    サワラ2.50kg
坂本幸博(個人会員)   マダイ2.00kg
古宮美祐加(マーメイド・ジュニア10歳)  ホシザメ2.00kg

 
【次回の服部名人杯予定】
第4戦 12/12(日) カワハギ大会(神奈川・三崎・小網代・丸十丸)
このたびIGFA釣り殿堂入りが決まった服部名人に
出船前にご挨拶と、ワラサ釣りのレクチャーをし
ていただきました
はじめの投入でワラサをヒットさせ、2.4kgで1位と
なった伊達武さん(マーメイドアングラーズC)
大会前に集合したファイト満々の参加者
「少し軽いね」--服部名人が取り込んだのはサワラで残念
参加費の一部が放流資金として服部名人から大松丸の
奥様に手渡されました