JGFAロゴ Japan Game Fish Association
 
HOTニュース HOT NEWS

5/30「服部名人杯・沖釣りサーキット第2戦「マダイ・ひとつテンヤ」結果レポート


JGFA服部名人杯沖釣りサーキット2010・第2戦「マダイ・ひとつテンヤ大会」が下記の通り開かれました。

●日時 :2010年5月30日(日) 4:30出船〜11:00沖上がり
●場所 :千葉県大原・船宿「松鶴丸」TEL:090-8015-2540
●釣り場:大原〜太東岬沖
●参加:31名 (2隻に分乗)
●参加資格:JGFA会員およびその家族、友人
●参加費:12,000円(船代、えさ、氷、懇親食事費代込み。)
●ルール:IGFAルール。電動リール、クッションゴムは不可。
●ラインクラス:10kg(20lb)ラインクラス以下。(PE1号)
●当日の仕掛け:ハリスはIGFAルールの規定によりテンヤの孫バリ末端まで4.5m以下で行いました。(実際は4mで統一しました。)
●バッグリミット:マダイ全長40儖幣2尾(1人)まで。他魚については合計10尾まで。もちろん、オールリリースも奨励。


【当日の概況】
当日は昨夜からの北東風が明け方もなお強く、かなり厳しいコンディションでしたが、何とか出船できました。参加は、31人(出船時に1名キャンセルで31人となりました。)。2隻に分けて出船しました。
道糸をPEの1号、つまり、ライン(ミチイト)強度に換算して10kg以下に想定。IGFAルールの規定でミチイト強度10坩焚爾両豺腓蓮▲魯螢后淵蝓璽澄次砲猟垢気蓮4.57m以内とされているので、ハリスの長さは孫バリの末端まで4mで統一しました。
えさは、冷凍赤エビ。

出船から45分ほど走った御宿沖水深30〜50m。
北東強風に加え、潮も速く、8号のテンヤでは流されてなかなか底立ちが取れません。
あたりは着底後すぐにあるケースがほとんどで、潮に流されてしまうとあたりは遠のきました。ただ、ヒラメの大型、ホウボウ、ショウサイフグ、ウマヅラなどの他魚も混じりつつ、多少の釣果がありました。
結局、全長40僖ーバーのマダイは、第一松鶴丸に乗船の伊達武さんが全長43/1.55kg、同じく岡田順三会長が同40.5cm/0.95kgをあげたほか、第二松鶴丸では、釣りビジョンの「五畳半の狼」で以前アシスタントを務めていた小久保領子さんが同42cm/1.50kgをあげ、検量対象となったのはこの3尾だけでした。
その他検量対象に届かない大きさのマダイを釣った人が5人いたといった状況で幕を閉じました。
でも、ひとつテンヤ釣りはライト感覚でこれにガツンと強烈なアタリがくるのだと思うとわくわくします。
今回は海況にめぐまれませんでしたが、またチャレンジしたいものです。

検量後は、服部名人杯恒例の懇親食事会。和やかな雰囲気の中、「大原の海にもバッグリミットの導入をさらに進めてください」と岡田会長から松鶴丸の中村船長に要望が出され、幕を綴じました。(写真提供:伊達志織さん、藤原一宇さん、猶原正和さん)


【大会成績】
1位 伊達武(マーメイドAC)  マダイ 1.55kg(全長43cm)
2位 小久保領子(個人会員) マダイ 1.50kg(〃42cm)
3位 岡田順三(マーメイドAC) マダイ 0.95kg(〃40.5cm)
以下、該当なし。

【服部名人杯2010・第2戦以降の予定】
第3戦 10/17(日) ワラサ大会(神奈川・松輪・大松丸)
第4戦 12/12(日) カワハギ大会(神奈川・小網代・丸十丸)

【スタートのご挨拶】
今年の10月26日には、「IGFA の釣り殿堂入り」を果たす
服部名人からのご挨拶。資源を大切に、魚に対しても、
釣り人同士であってもフェアな精神を求めるIGFAルール
で釣りを楽しみましょう。
早朝の4:30、千葉県外房・大原港を出船しました。
【出船・海況】
北東強風を背に受けて、御宿沖に向けて西に向か
いました。
【優勝!】
第一松鶴丸に乗船した伊達武さん(マーメイドアング
ラーズクラブ)が全長43、1.55kgのきれいなマダイ
を釣り上げ、これが最大となりました。
【2位】
釣りビジョンの「五畳半の狼」という番組で以前
アシスタントを務めていた小久保領子さんは
JGFA個人会員。第二松鶴丸に服部名人と一
緒に乗船し、当日2番目の大きさとなった
1.50圓離泪瀬い鮓事釣りあげました。
【70センチオーバー3.85圓離劵薀瓠
第二松鶴丸の右舷ミヨシで猶原正和さん(サバロ)が
ヒラメの全長74cm、3.85圓鯆爐蠅泙靴拭
このヒラメはご本人の手でタグ&リリースされました。
【釣果の一部】
第一松鶴丸での釣果の一部だそうです。
【タグ&リリース】
小型のマダイはタグ&リリースしました。
【懇親パーティー】
懇親パーティーではささやかな賞品で表彰も
行われました。(右側のオレンジ色のシャツが
表彰係のクラブ・フィールドマジシャン代表の小
出ツミシさん。)
9.【稚魚放流寄付金】
参加者から集められた稚魚放流寄付金が服部名人より
松鶴丸の中村松洋船長(右)に贈られました。
次回の服部名人杯第3戦は、10月17日のワラサとなります。
皆さんのご参加をお待ちしています。(JGFA会員外の方の
場合、サーキットポイントはつきませんが、どなたでも
ご参加いただけますのでぜひ、服部名人と一緒に釣りを
されてはいかがでしょうか。)