JGFAロゴ Japan Game Fish Association
 
HOTニュース HOT NEWS

12/14(日)服部名人杯第4戦「カワハギ大会」結果レポート


「沖釣りもIGFAルールで」という服部善郎名人(JGFA名誉会員)の呼びかけで始まった服部名人杯沖釣りサーキット。今年の第4戦、最終戦となるカワハギ釣り大会が開催されました。
★2008年12月14日(日)
★45名の参加で神奈川県三浦市小網代港から2隻を仕立て、「丸十丸」で行いました。(今回の担当クラブ:クラブフィールドマジシャン)

【この大会が目指すもの】
★ルアーやフライやトローリングだけがIGFAルールで認められるわけではなく、エサ釣りだって、また、認められる地域ならコマセ釣りだって IGFAルールで認められることをアピールしようというのがこの大会の目的です。

★また、将来の資源を考えて「バッグリミット(持ち帰ることのできる尾数を制限すること)」を定めて大会を行うことを奨励することもこの大会の大きな目的です。

さて、
【当日の結果】ですが・・・。
今回は夜明け前から雨となり、冷たい北東風にもたたられ、厳しいコンディションでの大会となりました。当日の釣り場は、このところ絶好調の小網代沖の浅場(水深15m前後)から狙いましたがここでは北東風がまともに当たり釣りにならず、早々にここをあきらめ、風裏となる城ヶ島南に移動しました。ここで、アタリが出始め、20cmクラスが混じりましたが、寒さで手がかじかみ、アサリをつけるのに各自、四苦八苦。悪戦苦闘のなか、カワハギにエサをとられてぼやきながらも皆さんがんばりました。悪条件の中、サイズは最大で全長25cmどまりでしたが、審査対象となる全長18cmを3尾揃えたのは、45人中29人とまずまずでした。そして、14:00ストップフィッシング(沖上がり)。
検量対象となる3尾の総重量では、カワハギ釣り3回目の福永雄海さんが748gでトップとなりました。また、お父さんと参加した12才の古宮真弥加ちゃん(12才)が始めてのカワハギ釣りでなんと2位になるなど、びっくりの大会でもありました。
検量後は懇親&表彰パーティーを催し、参加者から集めた稚魚放流寄付金が服部名人より丸十丸の小菅裕二船長に手渡されました。
(写真提供:伊達志織さん、林悠二さん、藤原一宇さん)

【当日のルール】 
●IGFAオールタックルルールに準ずる。(IGFAルールでは仕掛けは胴突きの場合、ハリは2本まで。3本バリは失格となります。)
●バッグリミット 18cm以上、10尾までとする(あとの魚は可能な限りリリースしました)。
●鉄オモリの使用:環境に配慮して、25号の鉄オモリを各自に4個ずつ配布しました。
●船の釣り座は抽選。


★来年2009年の服部名人杯・第1戦 
2/1(日)「アマダイ大会」  平塚・庄三郎丸

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【成績】3尾以内の総重量
順位
氏名クラブ名など3尾の重量
1
福永雄海横浜ビルフィッシュC
748g
2
古宮真弥加古宮正勝さんの娘・12才
692g
3
石堂貞美マーメイドAC
659g
4
中村宗昭磯釣人魚会 
650g
5
清水宏泰C.フィールドマジシャン
644g
6
青木茂横浜ビルフィッシュC
630g
7
服部善郎JGFA名誉会員
610g
8
望月晋福永さん友人
609g
8
青木敦史OSフィッシングチーム
609g
10
赤澤丸十丸お客さん
606g
★★最大魚: 福永雄海 25


1.服部名人あいさつ:スタート前に服部名人からカワハギ
釣りの極意が・・・。さあ、がんばりましょう。
2.出船:雨の中、いよいよ出船。ハリがどうのこうの
アサリの付け方はこうだとか・・・。
3.独走態勢:鎌倉から参加の米澤一生さん。2時間で
つ抜け(10尾以上)。独走してました。が、結果は16位。
(A船:小菅裕二船長)
4.初カワハギでレディース賞:初めてカワハギ釣りを
した工藤綾美さん。結構釣れて楽しかったといってま
した。よかったですね。これは、21僉A澗里任12位
とはたいしたもんです。(B船:小菅哲也船長)
5.優勝:雨具のズボンから雨が靴まで入って寒い寒いと
ぼやいていたカワハギ釣り3回目の福永雄海さん。そう
言いながらこの25僂梁膕餾蚤腑汽ぅ困鮓鬚┐748gで
優勝を飾りました。(A船)
6.ジュニアカワハギ師:お父さんと一緒に参加した古宮
真弥加ちゃん(12才)。この悪条件の中、初めてで9尾釣り、
しかも3尾の合計692gで全体でも2位。すごい!
「船は揺れたけど釣れて面白かった。また来たい。」(B船)
7.ウスバハギ:小保内淳也さんが釣ったウスバハギ。
超大物のカワハギだと思ったんですが・・・。(A船)
8.服部名人:さすが名人「素早く叩いて、緩めると
いいんだよ。緩めて張った瞬間に乗るんだよ。」誰か
さんいわく、「教わったとおりにやってんですがねぇ
・・・・。」(A船)
9.稚魚放流寄付金:参加者から集めた稚魚放流寄付金
が丸十丸の小菅裕二船長に手渡されました。
10.上位の表彰:優勝の福永雄海さん(中)、2位の
古宮真弥加ちゃん(左)、3位の石堂貞美さん(右)。
オリンピックみたいに丸十丸さんご提供のメダルを
掛けてもらってご満悦。