JGFAロゴ Japan Game Fish Association
 
HOTニュース HOT NEWS

8/25〜26「第2回御前崎ビルフィッシュ&ライトタックルトーナメント」:ビルフィッシュ部門結果レポート


★開催日:2007年8月25日(土)〜26日(日)
★主催:御前崎ビルフィッシュ&ライトタックルトーナメント実行委員会
★開催場所:静岡県御前崎港
★後援:御前崎市、御前崎観光協会、御前崎市漁業協同組合、JGFA、JGFA/BOL中日本他
★参加:43艇・約200名(ビルフィッシュ部門のみ)

カジキをメインのターゲットとしたビッグゲームと、ジギング&キャスティングを主としたライトタックルゲーム。この異なるジャンルの愛好者が集いあい、昨年新しいトーナメントが誕生しました。「御前崎ビルフィッシュ&ライトタックルトーナメント」。8月最終の土日、その第2回目が開催されました。

今年の梅雨は全国的に例年より長く、近畿、東海、関東の梅雨明けは8月に入ってから。すでにカジキのシーズンに入ったとはいえ、7月中は水温も低く、どこも低調でした。ところが8月に入り、梅雨が明けたとたん待望のカジキが各地で釣れ出し、旧盆の頃からは今年のピークと思われる好調さが続きました。事前に入る情報はみな“釣れている!”というものばかり。その好調な海況の中で開催された今大会は大釣果が期待されました。

大会第1日。7:00のスタートフィッシングから1時間が過ぎた頃、三重からエリアに入ってトーナメントに合流した「FUJI-X」からカジキヒット!の無線。その無線が合図となったのか、エリアの南(金洲方面)に向かったボートから次々に好調さを伝える無線が入ってきました。
14:00、ストップフィッシング。釣果を積んだボートが御前崎港に入港して来ます。てんやわんやでの検量。しかし誰の顔も素晴らしい釣果に笑顔が絶えません。結局第1日目の釣果は12本!そのうち5本がT&Rでした。
あ、そうそう朝一番の「FUJI-X」のヒット。そのカジキは残念ながらバラしてしまったのですが、ストップフィッシング10分前にまたまたカジキヒット! 何とこのカジキは170.3kgの立派なシロカジキ!第1日目の有終の美を飾りました。

18:30からは御前崎グランドホテルで盛大な「ウェルカムパーティー」が開催され、43チームが勢ぞろい。飲んで食べて2日目に臨みました!

大会2日目。今日のスタートは昨日より1時間早く6:00!参加各艇はいっせいに金洲に向かいます。ボートが縦横にルアーを曳き、まさに“海の銀座”と化した金洲が目に浮かぶようです。海は昨日と同様好調で、12:30のストップフィッシングにもかかわらず、この日釣れたかジキは昨日より多い14本!そのうちT&Rは8本。2日間のトータルは26本という大釣果!T&Rはちょうど半分の13本。
T&R率50%は立派です。

表彰式はライトタックル部門に参加した皆さんと合同で・・・・。入賞して表彰される方々には、ビッグゲーム、ライトタックルと、それぞれの参加者が部門を越えて拍手でお互いを称えあい、来年の再会を誓い合っているようでした。

【成績】(氏名敬称略)
1位  カンパニュラ供  ̄野明彦 299ポイント 
    クロカジキ2本T&R
2位  ビッグキャッチ掘)厂酖郎 254ポイント 
    クロカジキ124.4kg + T&R
3位  ウラヌス     山口英樹 228ポイント 
    クロカジキ93.5kg、134.7kg
4位  ディスカバリー  萩原昌雄 190ポイント
    クロカジキ90.6kg、99.5kg
5位  マーベリック   石田良宣 177ポイント
    クロカジキ136.4kg
T&R賞 バルケッタ  藤原 信 ファーストT&R

優勝の「カンパニュラ供廖1日目、50Lbラインのハンデが効き、T&Rで高ポイントをゲット!2日目にタグ1本打てば優勝かも・・って聞いていたけど、まさか本当に優勝するとは・・と、キャプテン自身がびっくり!
2位の「ビッグキャッチ掘廖1日目にカジキに会えたら、まずキャッチ。運よく2日目に会えたらT&Rと作戦を立て・・・・その通りに!124.4kgのクロカジキにT&Rのポイントを加えて2位をゲット!
3位「ウラヌス」。1日目、クロカジキ93.5kg。2日目、同じくクロカジキ134.7kg。ラインは共に80Lb。2本釣っても優勝出来ない!来年は50LbラインでT&Rを・・・3本決めます!
1日目の最後を飾った170.3kgのシロカジキ。ストップフィッシング10分前にストライク! 超ベテラン、FUJI-Xの勝利でした。