JGFAロゴ Japan Game Fish Association
 
HOTニュース HOT NEWS

7/1・2007ライトタックルサーキットIN東海・第2戦『伊勢志摩オフショアトーナメント』結果レポート


JGFA
2007ライトタックルサーキットIN東海 第2戦
伊勢志摩オフショアトーナメント  結果レポート

報告 : 伊勢志摩オフショアトーナメント    大会実行委員長 山添 善規(クラブフィールドスパーク)
主催クラブ: クラブフィールドスパーク

【 概 要 】
去る、7月1日(日)三重県志摩市の安乗漁港を拠点とし、夏の風物詩である
“でか!”シイラをターゲットとした、伊勢志摩オフショアトーナメントを開催いたしました。
 今大会には44名がエントリーし、6艇の伊勢志摩ルアー船連合会のチャーター船にわかれ、午前5:00のスタートフィッシングの合図と共に、各自鼻息が荒くなるのを抑えつつ、“でか”シイラを求めて各自思い思いのポイントへと港を後にしました。
当日は、うねりが入りシイラ釣行には決してベストとはいえない状態で、各船苦戦をしいられる事となり、開始から2時間が経過したところでやっと、ヒットの無線が入るものの、後が続かない状態が続いた。前日プラではメーターオーバーが多数キャッチされていたにも係らず、うねりのせいか前日に釣果がでたポイントでも“魚”が出ない。各船焦りの色は段々濃くなってきたその時、検量対象となる魚が3本キャッチの連絡が入った。その中には女性アングラーも含まれており、主催者側としてはほっとする瞬間ではあったが、結局“伊勢志摩名物”のモンスターシイラの姿を最後まで拝む事が出来ないまま、12:00に洋上ストップフィッシングとなってしまった。
ルールーの中で、叉長で80cm以下はオールリリースを採用した結果、検量対象に挙がった魚は3匹であったが、リリース数は30匹超と、タフなコンディションの中ではまずまずの結果であり、資源保護の面からも良い結果を齎せたのではないかと思いました。
当日は、地元の名アングラー中村豪氏、東京からは上屋敷隆氏がエントリーして頂き、大会終了後は両名手の釣り談議を食入る様に聞く参加者の顔が非常に印象的で、LT東海では恒例である各メーカー・釣具店等から御協賛頂いた賞品目指してじゃんけん大会も大いに盛り上がりました。
 こうして我々が大会を開催出来るのも、地元漁港の皆様の御理解があってこそで、微力ながら“お礼”という形で、最後に参加者全員で御借りした安乗漁港内の美化活動(ゴミ拾い)を行い、港を後にしました。
事故やケガもなく、無事に大会を終了出来たことを主催者として大変嬉しく思います。

【大会成績】
1位  山添 善規  (クラブフィールドスパーク)
    シイラ    985弌丙議后
2位  飯塚 一   (個人エントリー)
    シイラ    875弌丙議后
3位  外川 百合香 (チームベインズ)
    シイラ    800弌丙議后

【御協賛頂いたメーカー及びショップ様】
・フィッシングYOUアサヒ
・ソルトルアー専門店オーシャンデュー
・水谷釣具
・ベインズ
・蝓.好潺
・マングローブスタジオ
・螢轡泪
・シャウト!フィッシャーマンズツール
・有限会社 ホッツ
・有限会社 CB ONE
・山際疑似餌工務店 とぼいわし
・イーストカントリー達人具
・伊勢志摩ルアー船連合会
・有限会社 松阪総合保険センター
・有限会社 エムテック
・有限会社 ショーナン技研
・有限会社 三重工機

※2007ライトタックルサーキット次回大会は、9月30日(日)
  静岡県大井川港で行います。皆さんお待ちしてます!
雄のシイラは手強く、手こずりました(汗)。
会長中西のロッドワーク炸裂!!、ナイスなシイラとファイト中。
チームベインズ外川さん、3位入賞お見事でした
(記念に名手と一緒に)。
入賞者のみなさん。
最高の仲間と集合写真
最後はみなさんで美化活動!!、お疲れ様でした。