JGFAロゴ Japan Game Fish Association
 
HOTニュース HOT NEWS

10/22「第2回 オフショアジギングバトル in 御前崎」結果レポート


10/22 第2回 オフショアジギングバトル in 御前崎
【2006年ライトタックルサーキット東海・第6戦】
結果レポート

開催日:10月22日(日)
会場:御前崎港

昨年に引き続き、ライトタックルサーキット東海・第6戦となる『オフショアジギングバトル in 御前崎』
(http://www.geocities.jp/seaward_sub/omaezaki/)
が、45名のエントリーで開催された。

本来は10月8日の開催予定だったのだが、台風崩れの低気圧通過による時化のために延期となり
この日に仕切り直しとなった。

当日の天気は、集合前には雨がぱらつく生憎の空模様だったが、受付開始前には上がりひと安心。
とはいうものの東風が吹いており、着岸している遊漁船も港の中にもかかわらず少々揺れている。
しかし、数日前からワラサがあたっているという良い釣果情報も入っているため、
鼻息の荒い参加者達を乗せて、各船はポイント目指して港を後にした。

各船が思い思いのポイントでスタートフィッシング。
最初のうちは餌釣りには反応があっても、ルアーには反応がない。開始1時間後くらいからポツポツと
あたり始めた。が、コマセについてしまったのか、群れが小さいのか、ヒットは単発。
しかし終わってみれば、3〜4キロクラスのワラサをはじめ、マダイ・ヒラメ・ソウダカツオ・ホウボウ・根魚等
さまざまな魚を釣り上げ、参加者達のレベルの高さをうかがわせた。
同じポイント・同じ釣り方で(実際は違うから差が出るのであるが)釣れた人・釣れない人が
ハッキリわかれたことが、ジギングという釣りの奥深さ・面白さを見事に表現していて大変興味深かった。
そんな中、良型ワラサ2本を釣り上げ優勝した西野さん、本当におめでとうございます!

表彰式では、同じ地域で同じ釣りをする者同志、釣り談義に花を咲かせるとともに
協賛各社から頂いた豪華賞品争奪のジャンケン大会で一喜一憂するなど、
和やかなうちに大会を終了することが出来た。

************

今回も遠く三重県〜沼津地区まで東海地区の広い範囲の方達にお集まりいただきました。
無事に楽しい雰囲気の中で開催出来たことに深く感謝するとともに、今後も末永くお付き合い
していきたいと心から感じています。本当に有難うございました。
このサーキットの主旨に新たに賛同してくださる会員の方も大歓迎です。
東海地区の各地で開催していますので、是非お気軽にご参加下さい!

次回は11月11日にチームベインズさん主催の夜タチの大会です!
詳細はコチラ → http://veinz.web.infoseek.co.jp/tachi2006.htm/

*************

大会結果

優勝 西野健輔(静岡シーワードFC) ワラサ 3.80
2位 清水 淳(個人参加) ワラサ 3.65
3位 多治見 弘之(静岡シーワードFC) ワラサ3.85圈並膕颯襦璽襪
より0.8倍で3.08圈

他魚賞 渡辺 浩行(チームベインズ) マダイ 0.95

後援

 JGFA

協賛

 螢ぅ轡哀
 シャウト!フィッシャーマンズツール
 大丸興業
 螢妊絅┘
 螢妊絅
 DNA
 螢織奪ルハウス
 バスデイ
 桃太郎釣具商会
 蝪妝藤優Ε┘
             (あいうえお順)
10月22日、御前崎の海で「第2回オフショアジギングバトル
in御前崎」が開催されました。本来は10月8日予定でしたが、
悪天候のため、この日に延期されました。
この大会は、「2006年・ライトタックルサーキット東海・
第6戦」にあたります。
いいファイトで、ワラサクラスのブリと、マダイがあがりました。
マダイが釣れました!
今回の入賞者の皆さんとその釣果です。
ワラサ3.80kgで優勝した西野健輔さん(静岡シーワードFC)。
おめでとう!!
今回も多くのご協賛をいただきました。この場をお借
りいたしまして厚く御礼申し上げます。
最後に全員で。遠く三重県〜沼津地区まで東海地区の広い範囲から集まっていただき
ました。このサーキットに賛同してくださるより多くの方々のご参加を期待いたします。
次回もよろしくお願いいたします。
みんなで楽しくやりましょう!!