JGFAロゴ Japan Game Fish Association
 
HOTニュース HOT NEWS

12/10「服部名人杯沖釣りサーキット・第4戦・カワハギ釣り大会」結果レポート


「沖釣りもIGFAルールで」という服部善郎名人(JGFA名誉会員)の呼びかけで始まった服部名人杯沖釣りサーキット。その第4戦、今年の最終戦ということでカワハギ釣り大会が開催されました。
先日の2005年12月10日(土)、39名の参加で神奈川県三浦市から2隻の仕立て「丸十丸」で行いました。
【今回の担当クラブ:クラブフィールドマジシャン】

★ルアーやフライやトローリングだけがIGFAルールで認められるわけではなく、エサ釣りだって、また、認められる地域ならコマセ釣りだって IGFAルールで認められることをアピールしようというのがこの大会の目的です。

★また、将来の資源を考えて「バッグリミット(持ち帰ることのできる尾数を制限すること)」を定めて大会を行うことを奨励することもこの大会の大きな目的です。

★そのバッグリミットですが、今回は、20儖幣10尾までとして行いました。

さて、
【当日の結果】ですが・・・。
早朝は凪だったのに、出船の8:00には急に西風が強くなり、港前でも船は、バッタン、バッタン。とても目指すポイントに入れる状況ではありませんでした。ということで、当日の釣り場は、風裏になる城ヶ島の東側、水深20m前後を狙うことに。
小菅船長の「出ればデカイから頑張んなよ」の声に勇気づけられ、カワハギのアタリを待ちますが、やはり知らない間に餌をとられます。しかし、さすが、服部名人、28僂梁臺を交え、結局6尾釣り、検量対象3尾の総重量でもただ一人、1kgオーバーを記録し、ぶっちぎりの1位となりました。
目指せ、オールタックル世界記録(現在0.70kg/32.5僉砲汎れ込みましたが、残念ながら記録更新とはいきませんでした。
14:00ストップフィッシング(沖上がり)。
39人中、規定の3尾以上釣ったのは、9人。「風にはかなわない」の1日となりました。


【成績】20儖幣3尾以内の総重量。(5位までにポイントが与えられます。)
1位  服部善郎(名誉会員)  1026g
2位  上田邦生(個人会員)   770g  
3位  小出礎(C.フィールドマジシャン) 760g
4位  伊達志織(マーメイドAC) 606g
5位  西野成彦(会員の友人) 554g
5位  伊達武(マーメイドAC) 554g

最大魚: 服部善郎 398g(28僉

【当日のルール】 
●IGFAオールタックルルールに準ずる。(仕掛けは胴突き2本針仕掛け)
●バッグリミット 20cm以上、10尾までとする(あとの魚は可能な限りリリースしてください)。
●鉄オモリの使用:30号の鉄オモリを各自に4個ずつ配布しました。
●船の釣り座は抽選。

※IGFAルールの基本は、「魚にも釣り人同士にもフェアであれ。」電動リールを使わず、クッションゴムも使わない沖釣りはそのダイレクトな引きに興奮すること請け合いです。
たたき釣りを主体に大型を揃えていく服部
名人。全部で6尾。3尾でただ一人1kg越え
を果たし、優勝。さすがです。
今回お世話になった神奈川県三浦市小網代の丸十丸。
2隻の仕立てで行いました。懇親会場や会食の手配まで
何から何までありがとうございました。
今回のカワハギのバッグリミットは、20儖幣10尾まで。
25僖ーバーのまあまあの型が出ました。
服部名人の次に成績の良かった上田邦生
さん。赤いオモリがちらっと見えますが、
これが鉄オモリです。ネガカリの多い釣
りには積極的に使っていきたいですね。
全体でも4位。レディース賞に輝いた伊達
志織さん。強風の中で頑張りました。
懇親会場は丸十丸さんの口利きで港からすぐそばの「AOra」
(アオラ・油壺ボートサービス)にお世話になりました。
お弁当を食べながら話が弾みます。
さすがに実力を見せつけ、優勝された服部名人を囲んで
入賞者の記念撮影。真ん中はヒラメの日本記録保持者で
NHKテレビにも出た丸十丸の娘さん、綾香ちゃんです。
西の強風にたたられたカワハギ大会でしたが25僖ーバーが結構出て
何とか形になりました。今年の服部名人杯はこれで終了です。来年も
2/18(土)平塚「庄三郎丸」で「アマダイ」を対象に第1戦を開きます。どうぞよろしく。