JGFAロゴ Japan Game Fish Association
 
HOTニュース HOT NEWS

10/30「第21回東京ベイ・シーバス・ゲームフェスティバル」結果レポート


報告:古山輝男(レッドヘッダーズ代表)
    福永実一(横浜ビルフィッシュクラブ代表)

●開催:2005年10月29〜30日(29日は前夜祭)
●会場:神奈川県横浜・新山下(釣り場は、東京湾一帯)
●主催:横浜ビルフィッシュクラブ、レッドヘッダーズ
●協力:チームシーモンキー
●後援:JGFA
●ルール:IGFAルール、オールタグ&リリース&バーブレスフック
●参加チーム:56チーム
●参加選手:207人

※このイベントは、「ライトタックル・サーキット・関東2005」の第5戦にあたります。

【当日の概況】
昨年20周年を無事終え、21回目の今年でしたが、参加人数は207名と少なめでした。前夜祭は今年から屋台スタイルがなくなりタイクーンのテラスで行われ、小雨模様にもかかわらずあいかわらず盛り上がりました。事前に試し釣りをしたチームからは好釣果の情報も多くあって、30日当日も秋の好日和に恵まれ全体で60儖幣紊領彪燭80尾ほど釣れました。小型サイズを数多く釣ったチームもあり、今秋のハイシーズンの盛り上がりを予感できる好釣果でした。
タイクーン内でのパーティーは各チームごとの着席スタイルで行われ、低景気の中、ご協賛いただいた皆様のおかげでオークションも盛り上がり、そのすべてをJGFAのタグ&リリース活動資金に回すことができました。
また、来年もお祭り気分でぜひご参加下さい。 古山輝男


【今回の成績】(長さ:すべて叉長)
★チーム賞(各チームの大型3尾以内の合計叉長)
1位 「シーバスファイティングクラブ(B)」 216(83僉67僉66) 
2位 「0.3ton」               210(85僉63僉62僉
3位 「シーアンバサダー」          203.5僉71僉67僉65.5僉

★個人大物賞(1位のみ)
金原拓也(0.3ton) 85僉 _I諭Φ浜運河

★レディース大物賞
1位 石井裕子(チームミーミーズ)  77僉 _I諭δ畍航路
2位 小山恵美子(シーアンバサダー)71僉 _I諭根岸湾
3位 杉山清香(ミラ☆クル)     60僉 _I諭δ畍川河口

★タグ&リリース尾数:687尾(56チーム中、53チームが釣果あり)
★1人あたりの釣果:3.3尾(参加選手:207人)
  

 
1.「ボート」:第21回大会は、参加ボート50艇、参加選手
207名の規模で行われました。
2.「スケール」:長さを測るスケールが後援するJGFA
より各チームに配られました。バッグリミットサイズの表
示もあるスケールです。
3.「スズキとファイト」:横浜・京浜運河で、本部船
「ラブフィッシュ」から釣るレッドヘッダーズ・古山
輝男代表。竹竿のキャスティングロッドが渋いですね。
4.「ルアー大物賞」:アングラーは横浜・京浜運河で
叉長85僂鬚△欧振盡饗麑蕕気鵝G愽匹見えるような
浅場で食ってきたと興奮してました。
5.「フライ大物賞」:アングラーは金原さんと同じチーム
で参加した兼子一郎さん。叉長52僉横浜港・氷川丸の
近くで見事釣りました。日中のスズキのフライはかなり難
しいんですよね。
6.「表彰パーティー」:チームごとに着席でゆったりでき
ました。食事も各テーブルに運ばれてきます。
7.「チーム優勝」:栄えあるチーム優勝は、83僂
筆頭に3尾の叉長トータル216僂鬚△欧拭屮掘璽丱
ファイティングクラブ(B)」の皆さん。(A)チームの
村越正海さん達と遊漁船「入舟」を仕立てて参加。
木更津沖で爆釣したとのこと。おめでとうございました。
8.「チーム賞」:1位の「シーバスファイティングクラブ(B)」
を挟んで、2位の「0.3トン」(3尾合計210僉、3位の
「シーアンバサダー」(同203.5僉砲粒Г気鵝
9.「レディース大物賞」:今回は16名の女性が参加し、
女性だけのチームも2チームありました。レディース大物賞
は、チームミーミーズの石井祐子さん(中央)で叉長77僂
グッドサイズでした。
2位は、同71僂両山恵美子さん(右・シーアンバサダー)、
3位は同60僂凌山清香サン(左・ミラ☆クル)でした。
10.「タグ&リリース賞」:例年通り、1チームあたりのタグ
本数を25本までとしましたので25本打ち切ったチームす
べてがタグ&リリース賞となりました。なんと、11チーム
も出ました。東京湾のスズキの資源を末永く維持して、こ
の素晴らしい釣りをいつまでも続けていきたいと思います。