JGFAロゴ Japan Game Fish Association
 
HOTニュース HOT NEWS

8/28「ライトタックルサーキット東海第4戦大会」報告


報告:青島常昌(大会実行委員・プレデーターFC代表)

2005年8月28日、今年、大井川港で2回目の大会 ライトタックルサーキット東海第4戦が開催されました。 

前日私はBOL東日本月例トーナメントに参加、駿河湾の石花海(合の瀬)を流した時に沢山のシイラがヒット、群れで泳いでいるのも確認していましたので、今回の大会は期待がもてると内心 ホッ! としていました。

当日、エントリーは37名 近県からの参加者もあり、港は大にぎわい。 
大会前、橋安丸の若船長から電話があり朝早くメジが出るかもしれないから、スタートを一時間早くしたら!との提案で 有無なくスタートは朝5時に。
橋安丸 伝八丸 海政丸 そしてBOL中日本所属キャビン丸が参加し、港前を5時スタート! 遊漁船は 合の瀬方向 キャビン丸は 金洲へ走る。
開始早々、海政丸からヨコワが揚がったとの連絡が入る。最近、ルアー釣果No1の橋安丸が流れ物を見つけてメーター級のシイラを立て続けにヒット!中には1時間のファイトの末、ゲットした大物が!流石。古豪・伝八丸もそれに続けて大物を揚げた。
船長と選手がムキになりだして、最後は1時間大会を延長し、熱い戦いになった。
そして12時ストップフィッシング。各船港に入り検量。

【大会結果】
優勝   原田 明    シイラ 16.7kg   橋安丸
2位   中村 要誇  シイラ 10.5kg    橋安丸
3位   清水 淳    シイラ 10.3kg    伝八丸

今回の大会は三重県、愛知県からの参加者もあり、JGFA後援のライトタックルサーキット東海が進める地域交流の目標も達成。そして他の地区からも来年は是非参加したいとの声も上がりました。
最終戦の「第1回オフショアジギングバトルin御前崎(ライトタックルサーキット東海第5戦)」が9月11日となり、今年の総合優勝者は誰になるのか、今から楽しみですねー!


〆Gからスタートした「ライトタックルサーキット東海」も
これで4戦目。大井川港の遊漁船をチャーターして朝まずめ
を攻める参加アングラー。
∈2鵑漏い両態もよく、大きなシイラが釣れました。
入賞した上位3名の釣果です。
8事この日一番の大物を釣って優勝した
原田明さん。右隣はBOL中日本幹事長の
林憲昌さん。
ず2鵑37名が参加しました。東海地区の今年のライトタックルサーキットも残りは、9/11の第5戦のみ。果たして誰がトップに立つのやら。