JGFAロゴ Japan Game Fish Association
 
HOTニュース HOT NEWS

7/10「第5回湘南ドルフィンミーティング」結果レポート


報告:足立和彦(万里釣行の会)

平塚庄三郎丸で始めました湘南ドルフィンミーティングも今年で5回目を迎えること
ができました。このイベントは、JGFAの「ライトタックルサーキット関東・2005」の第3戦目にあたります。
昨年の第4回は台風に次ぐ台風で2回の延期の末9月末という関東ではシイラのシーズ
ンもとうに過ぎた頃の開催となり、とてもシイラのサイズとは思えない(シーバスでも?)結果で順位を競うことになりました。
さて今回はというと・・・・・・・・・・・・・。
例年より相模湾の中にシイラの姿が見えるのが遅く、心配していたのですが7月の声
とともに庄三郎丸でもメーターオーバーの釣果が聞こえ始め、台風の声も聞こえず期待していたのですが前夜突然気圧変化による突風が吹き荒れ一瞬またかとヒヤヒヤ。
朝には無事収まったものの、シイラは沈んでしまったようでストライクコールは非常にさびしいものでした。
漂流物に大型のものも時たま見えるがいずれも単発で口を使ってくるのは所謂ペンペン、しかしまだスタートして1時間、この時点ではまだまだ参加者も主催の我々も余裕の表情?
しかし、またやってしまいました。リザルトをご覧ください。来年はお祓いをしておきます。

参加総数50人
総釣果6尾 全てリリース


第5回湘南ドルフィンミーティング成績

順位
選手名
大会時のチーム名など
魚種
記録(1尾叉長・僉
1
三宅晃介
スキッドアンドアシッド
シイラ
53.5
2
ジェイソン・フェリス
シーモンキー
シイラ
52
3
永島規史
マリアオフィス
シイラ
51
4
福永雄海
シーモンキー
シイラ
50
5
河野剛志
シイラ
40

この魚で優勝したスキッド&アシッドの三宅晃介さん。
まだちょっとシイラには早かったのか。
入賞者の皆さん。食いが渋い中、釣っただけでも大したもんです。
左から、福永雄海さん、ジェイソン・フェリスさん、三宅さん、永島規史さん。
今回もお世話になった平塚・庄三郎丸の後藤勇オーナー。(右)
ありがとうございました。
湘南の海から日本のシイラルアーは始まったといってもいいでしょう。
毎年、豪快なシイラ釣りが楽しめるように。今回は釣れなかったけれど
来年もよろしく!