JGFAロゴ Japan Game Fish Association
 
HOTニュース HOT NEWS

1/22(土)、「中越アングラー激励新年会」が開かれました。


報告 JGFAアシストクラブ代表 秋山進一

1月22日に行われた、中越アングラー激励新年会のご報告をいたします。

このたびの中越地震に際し被災された皆様に心からお見舞い申し上げます。
月の県央地区の水害、8月の台風、高潮、中越地震と新潟は昨年は災禍に見舞われた一年でした。

中越地区をはじめとした新潟県内に住むアングラーも直接的、間接的に被害を受けた者も多数見受けられました。現在も大雪警報、注意報が度々出るというこの時期にこそ、釣りというある意味ひとつのコミュニティを持つアングラーが一堂に会して語り合い、旧年中の公私を問わず、苦しかったこと、悲しかった思い出を語り泣きそして笑い、新たなシーズンのスタートを切るべく、県内唯一のJGFAクラブであるJGFAアシストクラブのメンバーが中心となり声を掛けあい広く参加者を募り開催いたしました。

会場は中越地震で震源地となり大きな被害を受けた小千谷市のホテルにてとりおこなわれました。キャンセルが相次ぐ震源附近のサービス業においては、募金や寄付なども大切ですが、こういった私たちの直接の消費活動と訪れて実際に被災者に声を掛けることが何よりの復興に繋がるのではないかと考えたからです。

当日は雪の積もるなか県内外から30名を越えるアングラーが集まりました。

会場までの道すがらに車中から見える小千谷市内の町並みはまだあちらこちらに傾く家屋や道路などの損壊がみられ、度重なる地震の爪跡に参加者もあらためて地震災害の恐ろしさをまざまざと見せつけられました。

今回は遠く県外から螢泪襯ューの折本隆由氏、襯ーニーズの西野成彦氏も自費で激励にかけつけて戴き激励の声を戴いたうえ宴席を盛り上げていただき、御二人のアングラーの心意気に参加者たちは心を打たれたことと思います。

アトラクションではJGFAアシストクラブメンバーでもあり新潟を基点に最大のクラブを運営するチームビンゴの冨田晃会長発案、ご寄付により御座敷釣り大会、西野氏によるじゃんけん大会も行われ、色とりどりの豪華景品に参加者も歓喜しておりました。

参加者アングラーの中で店舗に被害額4000万円ほどの被害を受けられた方と自宅が全壊した小千谷市在住の2名に被災時の出来事を皆さんに語っていただき。パームスのロッド、エコギアのライフラフトが贈られました。

大いに盛り上がった宴会後、地元小千谷市在住の被災アングラーの店を二次会、三次会とまわり、参加者一同でまさに地元復興に貢献して下さりました。


最後になりましたが参加くださった皆様、多分な品々を協賛いただいた各社様、心温まる激励文を下さった皆様方の心意気に心からご感謝いたすとともに御礼申し上げます。

【ご協賛各社(順不同)】
螢▲鵐哀蕁璽坤螢僖屮螢奪、蠅しわ堂(新潟県柏崎市)、襯ーニーズ、螢謄ファ、螢泪襯ューエコギア、襯掘璽咫璽錺鵝⇒容室ブレス・エム(新潟県吉田町)

※なお、当日はJGFA会長岡田順三より、お見舞いと激励の言葉を送らせていただきました。