JGFAロゴ Japan Game Fish Association
 
HOTニュース HOT NEWS

第2回「服部名人を囲む懇親タイ釣り大会」が開かれました


「沖釣りもIGFAルールで」という服部善郎名人(JGFA名誉会員)の発案から、JGFAとして2回目となる大会を開きました。

ルアーやフライやトローリングだけがIGFAルールで認められるわけではなく、エサ釣りだって、また、認められる地域ならコマセ釣りだって IGFAルールで認められることをアピールしようというのがこの大会の目的です。

また、将来の資源を考えて「バッグリミット(持ち帰ることのできる尾数を制限すること)」を定めて大会を行うことを奨励することもこの大会の大きな目的です。

さて、当日の結果ですが・・・。

記念すべき第1回目は、今年の春、5/17に 開きましたが、参加14名で本命のマダイは1kgサイズがわずか1尾とふるわなかったため、「よーし、リベンジだ!」ということで今回の大会となりました。
しかし、今回も一生懸命操船していただいた船長さんの努力にこたえられず本命は服部名人の1kgサイズ1尾のみ。でも、岡田会長が3kgのワラサを丁寧なファイトで釣り上げたり、エイみたいな得体の知れない大物と1時間以上もファイトする人もいたりして大いに盛り上がりました。
40儷瓩ぢ腑▲犬簑腑汽个老觜縦爐譴燭鵑任垢ねえ。また、再リベンジということになりました。しかし、さすがに服部名人。こんな状況でもマダイをあげたのは見事でした。こんな訳で名人を除く14名のアングラーはさらに熱くなってしまったのでありました。

次回は、リーダーの長さが9.14mまで使えるオールタックルで狙おうということで、来年の春に行う予定です。
【第1回、そして今回は、道糸を10kgラインクラス(PEライン2号相当)以下としたため、リーダーの長さは天秤を含め、4.57m以下で行いました。】
皆さんも沖釣りをIGFAルールで楽しんでみませんか。

●日時 :2003年10月11日(土) 7:00出船〜14:00沖上がり
●場所 :神奈川県久里浜・船宿「ムツ六」
●釣り場:久里浜沖水深50〜90m前後の浦賀水道
●参加者:15名(1船で出船)
●参加費:10000円(乗船料・懇親会費とも)
●ルール:IGFAルール。電動リール、クッションゴムは不可。
     マダイのバッグリミットをキープ1尾(1人)と設定。
     オールリリースも奨励。
●釣果 :マダイ1kg前後・・・1尾(参加者全体で) 
     その他、大アジ、大サバなど。
IGFAルールに従い、手巻きリール、クッションゴム
なしでファイトする服部善郎名人。JGFAの名誉会員です。
(写真提供:つり情報編集部・以下5枚とも)
ハリス2号・3.8mでスリリングなファイトの末、マダイの1kgが
あがりました。クッションゴムがないと1kgサイズとはいえ、
すごい引きが味わえますよ。それにしても見事なファイトでした。
さすが服部名人です。
岡田順三JGFA会長は、かっては、大物イシダイ師。そして、
カジキ釣りに熱中し、オーストラリアで1245ポンド(564kg)
のシロカジキをあげた根っからの大物師です。
この日も大物とファイト・・・。
榎本嶺男船長の「ゆっくりやんなよー」の
アドバイス通り、慎重にファイトした岡田
会長。この日一番の大物となったワラサ
(標準和名はブリ)3.0kgをあげました。
服部名人を囲んでパチリ。参加したアングラーは大いに
IGFAルールでの沖釣りを楽しみました。マダイが釣れな
くてもじつに皆さんいい顔をしていると思いませんか。
またまた次回、リベンジだぁ。今度は釣るぞ。