JGFAロゴ Japan Game Fish Association
 
HOTニュース HOT NEWS

11/12「JGFA釣り同好会・ヒラメ大会」結果レポート



報告:岡田順三(マーメイドアングラーズクラブ代表、JGFA名誉会長)

●日 時:2011年11月12日(土) AM5:30出船〜PM12:30頃沖上り。
 帰港後簡単な表彰式を行いました。
●場 所:千葉県外川港・船宿「福田丸」 筺0479-22-5741。福田丸のホームページ
●釣り場:銚子沖水深70m〜110mをねらいました。
●参加:20名
●参加資格:JGFA会員、家族及び友人
●参加費:13,000円(船代、エサ、氷、及び賞品代)
●対象魚:ヒラメ1位〜3位(1尾の重量)バッグリミットはヒラメ40cm以上2尾、他魚を含めて10匹程度としました。
●ルール:IGFAルール。電動リール、クッションゴム、トリプルフックは不可。
●ライン:PEライン2号〜3号
●ハリス:なるべく6号以上、長さ1m以下で行いました。
●オモリ:鉄オモリ80号は支給。(100号は船にあり)
●当日の幹事クラブ:マーメイドアングラーズクラブ

【当日の概況】
前日(11/11)からの北東の強風のため、高いうねりの残る中、少し出船を遅らせ、参加者20名を乗せ、午前5時30分に外川港を後にした。
船長はゆっくりと船を走らせ、1時間程沖の水深70メートルのポイントから釣りを開始した。
やはりうねりが高く、アタリがあってもすぐにエサのイワシを離してしまうのか1〜2キロ級のヒラメとイナダがぼつぼつ釣れる程度。
9時ごろから少しうねりが収まったので、さらに沖の100〜110メートルの水深のポイントを狙う。
すぐに3キロ級が立て続けに4枚程釣れたが、後が続かず、その後はポイントを変える度にぽつぽつの状態だった。

なお、ヒラメをジギングで狙った奥村氏と秦さんはうねりの中、ミヨシで頑張り、1キロ級のヒラメをゲット。2キロオーバーのイナダやサバを釣りあげた。10ポンドオーバー(4.5キロ)のヒラメこそ釣れなかったが、オキメバル、マトウダイ、また、ヒラメの大物かと思ったら、クロアナゴの4キロオーバーまで釣れた、和気藹々と楽しい同好会だった。
(写真:伊達志織さん)

★次回のヒラメ釣り同好会は10〜15メートルの浅場で大物が釣れる御宿・明宏丸で来年1月下旬を予定している。

【ヒラメ釣り大会成績】
1位 宗 栄治   3.95キロ
2位 澤田 輝行  3.50キロ
3位 福田 るみ子 3.25キロ
他魚
(1)クロアナゴ    樋口 義勝 4.35キロ
(2)ブリ(イナダ)  奥村 正巳 2.30キロ
【ヒラメ1位 宗 栄治 3.95kg】
【ヒラメ2位 澤田 輝行 3.50kg】
【ヒラメ3位 福田るみ子 3.25キロ】
【クロアナゴ 樋口義勝 4.35キロ(外道賞)】
【イナダ 奥村正巳 2.3kg】
【福田丸船長を囲んで】