1/14(日)JGFA沖釣り同好会【寒ビラメ大会】結果レポート

2018年1月14日(日)、茨城県日立久慈港「大貫丸」でのヒラメ釣りで、JGFAの「沖釣り同好会」は幕開けとなりました。
前日まで大シケでしたが、どうにか持ち直した感じ。
午前5時30分、参加者14名を乗せて、水深25m前後のポイントへ。あたりは真っ暗、アタリもありません。東の空がうっすらと明るくなった頃、最初のヒットコール!しかし、上がったのは小型のマハタ。その後もアタリは出ますがマトウダイ。すかさず船長がポイント移動を決断、水深15m前後の「常陸那珂港」へ向かいました。このポイントは、根が点在する砂泥地、根がかりに注意しながらベタ底を狙います。

午前8時、右舷の中村哲夫さんが最初のヒラメを釣り上げました。そのすぐ後に岡田順三名誉会長にもヒラメがきましたが小型だったためタグ&リリース。20分後、左舷ミヨシに釣り座を構えたこの日入会したての花井幸男さんの竿に大物がヒット!約70cmの良型でした。
「前あたりもなくいきなり食ってきました。それまでオモリ50号を使っていたのですが、60号に変えたら釣れました!」

その後、湾内をプチ移動。すぐさま左舷大ドモの小松正則さんに4kg超えの良型ヒット!その後も右舷の三枝孝一郎さん、急きょピンチヒッターとして参加した篠崎健一さんにも4kgクラスがヒット。篠崎さんは普段、サーフからルアーでヒラメやマゴチなどを狙ってるそうですが「船でのエサ釣りは初めてで、釣れてよかったです!」

午後12時、船長の納竿のアナウンスが流れ、仕掛けを回収していたその時、左舷の有坂英さんにアタリが!上がってきたのは53cmの本命。
どうやら巻き上げ途中にエサを追いかけてきて食ったようでした。
帰港後、有坂さんはこの貴重なヒラメをタグ&リリースしました。
極寒の中でのヒラメ釣りでしたが、良型がそろい2018年、いいスタートが切れました。
(結果レポート&写真 伊達志織さん(マーメイドAC))

【上位の大会成績】(敬称略)
1位 小松正則 ヒラメ 4.20kg
2位 三枝孝一郎 ヒラメ 4.15kg
3位 花井幸男 ヒラメ 3.40kg

他魚賞 宗栄治 クロソイ 1.80kg
T&R賞 有坂英 ヒラメ 53cm
(T&Rした人 岡田、中村、三枝、有坂)
その他: マトウダイ、マハタ、イナダ、マダコ
 

極寒のまさに、寒ビラメ大会でしたが良型が出てまずまずの大会になりました。

優勝した小松正訓(まさのり)さんと4.20kgのヒラメ。いい型でほんとにうれしそう。

4.15kgのヒラメで2位になった三枝孝一郎さん

3.4kgのヒラメで3位になった初参加の花井さん

入賞は逃したものの釣果をあげた皆さん

有坂さんは53cmのヒラメをタグ&リリース(上)。そのほか小型のヒラメをタグ&リリースしました。