10/14(日)【東京湾のスズキ・シンポジウム あれから20年】開催のご案内

JGFA40周年記念事業
「東京湾のスズキ・シンポジウム あれから20年」開催のご案内


日  時:2018年10月14日(日) 15:30~17:30
会  場:東京夢の島マリーナ会議室(2F)    http://www.yumenoshima-marina.jp/   
      JR京葉線・りんかい線・東京メトロ有楽町線「新木場」駅より徒歩15分。        
参加費: シンポジウムは無料 / JGFA40周年記念パーティー:5,000円(当日受付)
主 催: NPO法人 ジャパンゲームフィッシュ協会(JGFA)
開始規模:150名(釣り人、漁業関係者、行政、研究者、教育関係者、釣具メーカー、報道関係者)
 

JGFAは20年前の1998年11月、JGFA20周年記念事業として、1985年から開始した東京湾のスズキのタグ&リリース結果をまとめ、その発表を兼ねて「東京湾のスズキ・シンポジウム」を開催しました。釣り人側から、タグ&リリースより得られたデータを発表し、釣り対象魚の将来を論じ合うシンポジウムは日本で初めての試みであったかもしれません。このシンポジウムを開くきっかけは、多くの釣り人から愛されているスズキの釣れ具合が悪くなってきたからでした。このスズキという魚は、大都会の傍らで釣れるすばらしい魚です。その釣り人の宝というべきスズキが釣れにくくなったのはなぜなのか、以前のようにまた釣れるようにするにはどうしたらいいのか、このシンポジウムでは、釣り人、研究者、行政、漁業者、遊漁船業者から一人ずつパネラーとして各立場からの意見を述べ、そしてテーマであるスズキについて釣り人が抱える不安や疑問に対してディスカッションしました。
その結果、自然環境改善、釣果の自主規制、漁業による乱獲防止、産卵期の禁漁、などが方策として上げられたほか、釣り人も漁業者も資源維持を共通課題と捉え、真剣に取り組むことが提案されました。また、この取り組みが日本の釣りの将来のためのモデルケースになればという思いもありました。
あれから20年、東京湾では今もスズキ釣りは行われており、漁業も存続していますが、現状はどうなのか、それを検証することによってさらにこの先、東京湾のスズキをどのように守っていけるのかについて改めてシンポジウムを開き、考え、行動していきたいと思います。
ということで、JGFA40周年記念事業「東京湾のスズキ・シンポジウム あれから20年」を2018年10月14日に開催したいと思います。当日はJGFA40周年記念パーティーも同時開催。どなたでも参加できますので、ぜひご参加ください。お待ちしております。

 

【プログラム】
15:00~ 15:30  受付・入場開始
15:30       開会
15:30~ 15:50  研究発表:「東京湾のスズキタグ&リリース結果から見えたもの」  若林務 (JGFA)
15:50~ 17:25  パネルディスカッション
コーディネーター(予定):若林務(JGFA)
パネラー(予定): 
(1)釣り人  徳永兼三(JGFAアンバサダー)
(2)漁業者  大野和彦(船橋市漁協・大傳丸)
(3)研究者  工藤孝浩(日本魚類学会)
(4) 行  政   櫻井政和(水産庁)
(5)チャーターボート  森聡之(JGFA評議員・釣魚保全委員会) 
  17:30 閉会挨拶&閉会
            
 お問い合わせ:JGFA事務局 TEL: 03-6280-3950   FAX :03-6280-3952  Eメール japan@jgfa.or.jp 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

10/14(日)【「東京湾のスズキ・シンポジウム あれから20年】参加申込書

お名前(フリガナも):
ご住所:  〒
 
所属(団体): 
 年齢   歳        性別  男   女 (いずれかに○)
 電話(携帯電話):       
メールアドレス:
 【備考】(下記のいずれかの□にレをつけ、会員の場合は会員番号を記入してください。)
□JGFA会員: 会員NO.            
□会員外
★他に同伴者あり:      名

JGFAのタグ&リリースプログラムで得られた東京湾でタグ&リリースされたスズキの移動経路。そのほかのデータも発表します。