第41回JIBTは大会史上最多尾数の86尾!チームマハロが3回目の優勝!!


【第41回JIBTダイジェストムービー】
 
 第41回JIBTは大会前日に発生した台風6号によって、開催の決断が非常に難しい大会となりましたが、7/25(木)の前夜祭、7/26(金)大会1日目は何とか開催でき、1日目の釣果は素晴らしいものとなりました。しかし、2日目は台風6号接近のため安全を最優先し、中止とさせていただきました。7/28(日)3日目も台風の余波があり、予定の7:00スタートフィッシングは見送り、1時間ごとに状況を見て2時間おくれの9:00にスタート。ストップフィッシングを予定より1時間遅らせ、15:00として開催いたしました。

その結果、1日目が64尾、最終日の3日目が22尾、計86尾の釣果に恵まれ、素晴らしい大会となりました。昨年は3日間合計で80尾でしたので、それをさらに上回り、大会史上最高の釣果を記録しました。
2年連続でこのような素晴らしい釣果を記録した下田の海と、カジキと、地元下田市はじめ、ご関係の皆様に心から感謝申し上げます。

開催日程:2019年7月25〜28日(木〜日・25日は前夜祭・大会2日目は悪天候で中止)

1日目(7/26)
台風の動きや天候の急変に惑わされつつ開催された初日でしたが何とか乗り切りました。
最初のヒットは7:54から始まり、その後も絶え間なくヒットコールが続きました。その結果、大会初日はストライク数だけでも140を超えるようなヒットコールの嵐となりました。ファーストマーリンはアニバーサリーが8:08に達成し、その後も次々と釣果が続く中で、マハロはタグ&リリース×3、キャッチ×1を記録して、合計796.2ポイントで暫定1位に躍り出ました。続いて暫定2位はタグ&リリース×2、キャッチ×1の計3尾を上げた573.225ポイントのSBC、暫定3位はタグ&リリース×2、キャッチ×1の合計573.15ポイントでトップガンが続きました。キャッチされた中の最大魚は、インフィニティの169.6kgのクロカジキでした。
この結果、第1日目の総尾数は64尾(うちタグ&リリース×41、キャッチ×23)を記録し、歴代の1日あたり最高尾数を更新しました。

2日目
台風6号のため、やむなく中止とさせていただきました。

3日目(7/28)
前日の台風の余波があって、早朝は南寄りの強風が残り、大会執行部は予定の7:00スタートを見送りましたが、その後1時間おきに状況を見ることとし、8:00の時点で風が弱まることを確認した結果、定刻より2時間遅れの9:00にスタートを行うことを全チームに伝えました。
ストップフィッシングは15:00、検量締め切りを17:00に設定変更し、3日目をスタートさせました。しかし、まだ波が高いので安全を第一優先に釣りを行うよう全艇に呼びかけました。1日おいても潮の具合は変わっていないのでカジキはエリアにはたくさんいると予想しましたが、案の定、スタートフィッシング後30分、9:30にソルティーからこの日最初のヒットコールが届きました。それからは1日目に負けないほどのヒットコールが続きました。ソルティーは30ポンドラインでファイトし、8分後にクロカジキ推定70kgにタグ&リリース完了。幸先よいスタートダッシュを決めました。多くのヒットコールがあるなか、初日暫定トップのマハロからはヒットコールがなく、暫定2位だったSBCが50ポンドラインでクロカジキ推定120kgをタグ&リリース、195ポイントを追加、合計ポイントであと20ポイントまでマハロに迫りました。この日、目だって釣果を上げたのはイーストワン。初日は釣果がなかったのですが、この日は50ポンドラインで3尾のクロカジキをタグ&リリースし、585ポイントを上げ、初日暫定3位のトップガンをかわして3位に躍り出ました。3位以下のチームのあいだでも1尾の釣果でめまぐるしく順位が変わり、洋上では各ボートの熱戦が続きました。
この結果、初日暫定トップのマハロはSBCの追撃を辛くもかわして首位をキープ。JIBTで3回目の優勝という快挙を成し遂げました。(2015年、2017年に続き3回目。過去に2回優勝したチームは他に4チームありました。)
このように第41回JIBTはマハロの優勝で幕を閉じましたが、たいへん残念だったのはストップフィッシング8分前の14:52にカジキをヒットさせたデジタル魚拓DGS(チャーターボート:若宮丸)でした。このカジキがことのほか大きく、検量締め切り時刻の17:00になってもファイトが続き、惜しくもタイムオーバー。ランディングしたのはなんと229.45kgもある今大会唯一のシロカジキでした。
こうして、第41回大会は台風6号の動きに左右されましたが大会史上最高釣果に恵まれ、全艇、無事に下田港に帰港いたしました。
今回は下田港の一画をお借りし野外に大きなテントを張り、表彰パーティーを行いました。選手600名、関係者の皆さん150名、合計750名を越えるパーティーとなり、大いに盛り上がりました。
この3日間、無事に開催でき、すばらしい釣果に恵まれたことをカジキにはもちろんのこと、スポンサーの皆様はじめ参加者ならびに多くの関係者の皆さんに心から感謝申しあげます。

最大魚賞(西川龍三賞)は、クロカジキ169.6kgインフィニティの田口里美さんが獲得しました。

★参加チーム:111チーム(別途12チームキャンセルあり) 選手数:600人
★ストライク数:203 (カジキのみ。大会史上最高のヒット数)
★今大会釣果総尾数:86尾(クロカジキ81、マカジキ4、フウライカジキ1)  タグ&リリース:58尾(クロカジキ53、マカジキ4、フウライカジキ1)  キャッチ:28尾(すべてクロカジキ)


主催: NPO 法人 ジャパンゲームフィッシュ協会(JGFA )
後援: 農林水産省、静岡県、下田海上保安部、下田市、静岡県漁業協同組合連合会 ほか
協賛: 伊豆漁業協同組合、にいじま漁業協同組合、神津島漁業協同組合
協力: (株)ジー・エス・ティー、シダックス(株)、伊豆急行(株)、下田ボートサービス、コカ・コーラボトラーズジャパン(株)、まちおこしカジキサポートクラブ、マリンフェスタ下田実行委員会ほか


【特別協賛】ご協賛ありがとうございました。
 
 
【第41回JIBT表彰結果】
2019.7.28
●開催期間:2019.7.26〜28 ●出場チーム:111チーム
●選手数:600名  ●出場艇:  111  艇(オーナーボート:  101 、チャーターボート:  10  )

大会期間のカジキデータ
月/日 ストライク数 タグ&リリース(尾) キャッチ(尾) 合計
マカジキ クロカジキ フウライカジキ マカジキ クロカジキ シロカジキ
7/26 142 4 36  1   23   64
7/27 中止              
7/28 61   17      5   22
合計 203 4 53 1   28   86
★カジキの釣果があったチーム:  56チーム/111チーム

●【団体総合】 (表彰3位まで)   T&R:タグ&リリース
順位 チーム
No.
チーム名 合計
ポイント
備考(魚種すべてクロカジキ)
1位 23 チーム マハロ 796.2 クロカジキ 50lbライン   T&R×3、キャッチ140.8kg×1
2位 87 SBC 768.225 クロカジキ 50lbライン   T&R×3、キャッチ122.15kg×1
3位 63 イーストワン 585 クロカジキ 50lbライン    T&R×3
※同ポイントの場合は大会規定により達成時刻の早い方を優先する。(以下同)

●【個人総合】 (表彰3位まで)   T&R:タグ&リリース
順位 チームNo. アングラー名 チーム名 ポイント 備考(魚種すべてクロカジキ)
1位 87 相川  佳之 SBC 768.225 クロカジキ 50lbライン    T&R×3、キャッチ122.15 kg×1
2位 97 岩淵  洋 トップガン 573.15 クロカジキ 50lbsライン   T&R×2、キャッチ122.1kg×1
3位 100 木村  篤弥 DAIKIN 541.125 クロカジキ 50lbsライン   T&R×2、キャッチ100.75kg×1

●【チャーターボートキャプテン賞】 表彰1位のみ・1艇
順位 船名 船長名 ポイント 乗船チーム名 備考(魚種すべてクロカジキ)
1位 美弥丸 土屋 進一 130 マーメイドAC (B) 1日目 クロカジキ80lbライン T&R (推定150kg)

●【西川龍三賞(最大魚賞)】 (表彰1位のみ・個人)
順位 チームNo. アングラー名 チーム名 重量 備考(魚種すべてクロカジキ)
1位 51 田口  里美 インフィニティー 169.6kg 1日目 クロカジキ 50lbライン
※次点 DIADDICT クロカジキ168.95kg

●【ベストセーフティー賞(下田海上保安部長賞)】 表彰1位のみ・1艇
チームNo. チーム名 キャプテン名 備考
35 常陸マーリンジャンキーズ 海彦 金成 和彦 常に安全に留意し、永年JIBTに参加ししている


【第41回JIBT最終順位(全成績・失格を除く)】
(※同ポイントの場合は、大会ルールにより達成した時刻の早い方を優位とします。)
最終順位 ポイント計 チームNo. チーム名 ボート キャプテン 備考
1 796.2 23 チーム マハロ MAHALO 谷本 聖志 クロカジキ 50lbライン   T&R×3、 キャッチ140.8kg
2 768.225 87 SBC SBC HD42 相川 佳之 クロカジキ 50lbライン T&R×3、キャッチ122.15kg
3 585 63 イーストワン East One 福山 潤 クロカジキ 50lbライン    T&R×3
4 573.15 97 トップガン TOPGUN 引地 弘喜 クロカジキ 50lbライン    T&R×2、 キャッチ122.1kg
5 541.125 100 DAIKIN 大金 村上 鋼樹 クロカジキ 50lbライン    T&R×2、 キャッチ100.75kg
6 520 35 常陸マーリンジャンキーズ  海彦 海彦 金成 和彦 クロカジキ 30lbsライン   T&R×2
7 498.425 102 チーム DIADDICT DIADDICT 桑山 貴洋 クロカジキ 50lbライン     T&R×1、 キャッチ168.95kg
8 497.825 4 ゴールデンベイトローリングクラブ Golden Bay 中村 公則 クロカジキ 30lbライン     T&R×1、 キャッチ 50lbライン 158.55kg
9 485 62 アニバーサリー Anniversary 鈴木 孝 クロカジキ 50lbライン    T&R×1、  30lbライン   T&R×1
10 462.525 103 サンダー THUNDER 田中 信行 クロカジキ 50lbライン    T&R×1、 キャッチ128.35kg
11 417.375 42 フォワード FORWARD 鈴木 賢広 クロカジキ 50lbライン    T&R×1、 キャッチ148.25kg
12 390 45 HOOKERS FC 韋駄天 杉本 晋之介 クロカジキ 50lbライン    T&R×2
12 390 55 ホワイトタイガー ホワイトタイガー 田坂 誠悟 クロカジキ 50lbライン    T&R×2
12 390 6 TEAM マイスター マイスター 山口 洋一 クロカジキ 50lbライン    T&R×2
12 390 36 TEAM GODDESS STATUE of LIBERTY 若林 克彦 クロカジキ 50lbライン    T&R×2
12 390 56 ホライズンFC ホライズン 山崎 吉之 クロカジキ 50lbライン    T&R×2
12 390 114 JESSICA忍 Jessica 小池 啓高 クロカジキ 50lbライン    T&R×2
18 387.825 43 チームクイックオークラバグース BAGUS 大庫 良一 クロカジキ 50lbライン    T&R×1、 キャッチ128.55kg
19 380.25 58 中日本マハロ 中日本マハロ 濱本 祥敬 クロカジキ 50lbライン    T&R×1、 キャッチ123.50kg
20 304.4 51 インフィニティ INFINITY 關 宏 クロカジキ 50lbライン    キャッチ169.60kg
21 260 30 チームビーフラット ビーフラット 赤澤 雅行 クロカジキ 30lbライン   T&R×1
21 260 39 チームコバルト HOUTA HOUTA 豊川 泰 クロカジキ 30lbライン   T&R×1
21 260 16 チームソルティー SALTY 秋広 重幸 クロカジキ 30lbライン   T&R×1
24 256.875 69 TEAM DNA DNA 福田 篤史 マカジキ 50lbライン    T&R×1、クロカジキ 50lbライン キャッチ121.25kg
25 237.5 13 ファンタジア FANTASIA 池田 賢二 クロカジキ 30lbライン キャッチ118.75kg
26 232.05 91 DRAGON V DRAGON ? 春藤 幸伸 マカジキ 50lbライン   T&R×1、クロカジキ キャッチ104.70kg
27 195 19 コアマーリンクラブ コアドリーム 宮内 健吉 クロカジキ 50lbライン    T&R×1
27 195 22 チームグランテム GRANTEMS ? 森川 幸二 クロカジキ 50lbライン    T&R×1
27 195 44 Bull Fighter Bull Fighter 谷 佳樹 クロカジキ 50lbライン    T&R×1
27 195 54 TEAM KTS JUPITER 勝間田 正和 クロカジキ 50lbライン    T&R×1
27 195 68 TEAM PLATINUM PLATINUM 石井 雄二 クロカジキ 50lbライン    T&R×1
27 195 66 TEAM TOTORO トトロ 林田 悟 クロカジキ 50lbライン    T&R×1
27 195 75 JMC JMC 益田 尚哉 クロカジキ 50lbライン    T&R×1
27 195 80 オーパスフィッシングクラブ OPUS 真間 幸広 クロカジキ 50lbライン    T&R×1
27 195 109 SETOUCHI Bakeratta 三宅 裕二郎 クロカジキ 50lbライン    T&R×1
36 175.425 111 SEA DOG Sea dog 佐々木 浩章 クロカジキ 50lbライン    キャッチ116.95kg
37 171.3 24 アイエヌジーフィッシングクラブ アイエヌジー 石川 俊彦 クロカジキ 50lbライン    キャッチ114.20kg
38 169.5 40 MAVERICK FC MAVERICK 石田 良宣 クロカジキ 50lbライン    キャッチ113.00kg
39 165.65 106 DJANGO D.jango(OPUS) 鈴木 由幸 クロカジキ 80lbライン    T&R×1、 キャッチ71.30kg
40 150.6 5 片倉ボートFC KATAKURA 7 片倉 和郎 クロカジキ 50lbライン    キャッチ100.40kg
41 130 104 リッシュプラス RICHE PLUS ? 松浦 克 クロカジキ 80lbライン    T&R×1
41 130 118 マーメイドAC (B) 美弥丸 伊達 武 クロカジキ 80lbライン    T&R×1
41 130 1 ニューポートアングラーズクラブ シーガル7 浅見 守男 クロカジキ 80lbライン    T&R×1
41 130 60 アルベロ ALBERO 相沢 保 クロカジキ 80lbライン    T&R×1
41 130 122 三水会 光明丸 西村 眞一 クロカジキ 80lbライン    T&R×1
46 126.4 124 TEAM GATIN すさき丸 小田切 崇 クロカジキ 80lbライン    キャッチ126.40kg
47 125.15 121 アクアホリック 宝栄丸 マルビンスキー ロベルト クロカジキ 80lbライン    キャッチ125.15kg
48 110.15 32 Be遊 Be遊 安岡 稔 クロカジキ 80lbライン    キャッチ110.15kg
49 75 34 チーム泡波 BANANA FISH 久樂 恒 マカジキ     50lbライン    T&R×1
50 71.55 33 BLACK PEARL FC BLACK PEARL 丸山 修 クロカジキ 50lbライン    キャッチ95.40kg
51 71.1 9 マーリンバスターズ まーりんばすたー 渡邉 清一郎 クロカジキ 50lbライン    キャッチ94.80kg
52 69.9 74 MAKENKI MAKENKI 中野 雅之 クロカジキ 50lbライン    キャッチ93.20kg
53 56.4 76 チーム GOTCH GOTCH 後藤 素彦 クロカジキ 50lbライン    キャッチ75.20kg
54 53.1375 47 ふじこうさん ふじこう丸 須藤 雄司 クロカジキ 50lbライン    キャッチ70.85kg
55 40 20 チームバシリアス バシリアス 今野 弘昭 フウライカジキ 80lbライン    T&R×1
56 32.8 61 セブンシーズ Seven seas 橘? 勝人 クロカジキ 80lbライン    キャッチ65.60kg

★海域内のカジキマークは、キャッチ、またはT&Rされた位置。  ■マークはバラシた位置です。同じ緯度経度のものは、1尾しか表示されていません。

【スタートフィッシング】天候の急変でやきもきしましたが安全を第一に考えてスタートできました

【チーム優勝】チームマハロが1日目にクロカジキ4尾を釣り、2015年、2017年に続いて3回目の優勝を成し遂げました


【チーム2位】SBC は1日目にクロカジキを2尾、3日目に同じくクロカジキを1尾釣りましたが惜しくもトップと20ポイント差で2位となりました

【チーム3位】イーストワンは3日目にクロカジキを3尾T&Rし、一気に3位入賞を果たしました


【最大魚】インフィニティーの田口里美さんが1日目に169.6kgのクロカジキを48分のファイトタイムで釣り上げ、これが最大魚となりました

【チャーターボート船長賞】マーメイドAC(B)が1日目にクロカジキ推定150kgを80ポンドラインでT&Rし、チャーターボート船長賞を美弥丸・土屋進一船長にもたらしました


【体験クルージング】毎年、地元の小学生を招待してかじきミュージアムを見学してもらったあと、体験クルージングを行っています

【前夜祭】伊豆漁協さんの市場・荷捌き所をお借りしての前夜祭。地元の方も加わり、大いに盛り上がります


【ベストセーフティー賞(下田海上保安部長賞)】永い間JIBTに参加し、常に安全に留意して参加している常陸マーリンジャンキーズ・海彦の皆さんに贈られました

【クライングタオル賞】3日目に今大会最大となるシロカジキ229.45kgを釣りながら検量締め切りタイムに間に合わず涙をのんだデジタル魚拓DGSの皆さんと若宮丸の船長さんでした


【個人総合】個人総合の表彰です。右から3人目より1位の相川佳之さん(SBC),2位の岩淵洋さん(トップガン)、3位の木村篤弥さん(DAIKIN)

【団体総合第3位】3日目に猛チャージをかけて3位に食い込んだイーストワンの皆さん


【団体総合第2位】1日目に2尾、3日目に1尾のクロカジキを釣ってトップに迫ったSBCの皆さん。頑張りました

【団体総合優勝・農林水産大臣賞】1日目に4尾のクロカジキを釣り、そのまま逃げ切ったチームマハロ。2015年、2017年に続き3回目の優勝です。すごいです