【シーバスフォトコン中間報告!】JGFAメルマガVOL.304.2017.11.13

【シーバスフォトコン中間報告!】

11月13日現在のトップは水戸市の渡辺洋治さん。涸沼川で釣った82cm!(叉長)】

★【11月13日現在のトップは82cm!(叉長)】
今月末の30日(木)に締め切る無料のオープン大会。コンテストにはすでに事務局へアングラーからの申請が続々と到着しています。その中で関東・中部/男性ブロックの入賞候補となっているのが茨城県水戸市に住む渡辺洋治さん(49)から届いた魚。10月21日に涸沼川で釣り上げた1尾です。渡辺さんは開催早々、3日に涸沼で80cmを釣り上げていて2cm更新しています。現在のところ渡辺さんの釣り上げたこの魚が関東・中部ブロックの最大になっています。締め切りまでにまだ半月以上あり更なる大物に期待したいところです。

【この機会に記録に残る魚を釣り上げてください】
2カ月限定のシーバス全国イベント「2017JGFAシーバスフォトコン」の締め切りが目前に迫りました。オールリリースで実施する恒例のフォトコンテストで、ルアーとフライ部門があります。また、どちらにも全国総合のほかルアー部門にはブロック別で男女、ジュニアの区別を設けてあります。JGFA会員でない人もご参加いただけます。開催日程は11月末まで。参加費は無料で賞状、トロフィー、さらに栄誉が手に入ります!また、参加者全員を対象にしたランダム抽選もあります。チャンスはあなたにも!
 
開催要項はこちら↓
http://www.jgfa.or.jp/news/event/p000858.html

中間報告はこちら ↓
http://www.jgfa.or.jp/news/topics/p20171102-01.html

★11/5(日)【JGFA沖釣り同好会・タチウオ大会】結果レポート

ドラゴンサイズのタチウオで優勝を飾った島宗司さん


★【JGFA沖釣り同好会・タチウオ大会】が11/5(日)、金沢八景・鴨下丸で12人が参加して開催されました。つい先日までは大中小入り交って絶好調だった東京湾口。ところが数日前から型で勝負のポイントと、型よりも数の釣り場に分かれてしまう状況に一変。秋から冬に掛けてはドラゴンサイズが多発する時で、全員が大物一発に期待をこめてトライしました。しかし、天候には恵まれたものの午前中は北東の風が強く釣りずらい状況でした。釣り場は観音崎から走水沖に掛けての水深70mダチ。当たりは単発で数、型ともに伸びず苦戦の一日に…。結果的には川崎市の島宗司さん(73=レギュラー会員)が重量900g、全長118cmで優勝。「数は伸びなかったけど大型が出てホッとしました」と喜んでいました。

 ▼大会成績(審査は1尾の重量、単位g)
 1)島 宗司 900(川崎市=レギュラー会員)
 2)平澤貞三 550(横浜市=サポート会員)
 3)島布民代 450(川崎市=サポート会員)
                   (敬称略) 

 ★詳しくはこちらをご覧ください↓
http://www.jgfa.or.jp/news/evnt-rslt/p000813-copy.html

 

12/10(日)【JGFA沖釣りサーキット2017・第3戦アマダイ大会】参加者募集中!

沖釣りファンが腕を競った昨年の大会から

【JGFA沖釣りサーキット2017・第3戦アマダイ大会】に参加してみませんか? 「沖釣りもIGFAルールで」――JGFAの沖釣りサーキット2017も残すところあと1戦となりました。リーグ戦といっても親睦が第一。「楽しく和やかに」が合い言葉です。
 【大会要項】
▼日程:2017年12月10日(日)  出船7:00 沖上がり14:00
▼船宿:神奈川県平塚港「庄三郎丸」 TEL0463(21)1012  http://www.gyo.ne.jp/shou3/
▼募集人数:40人
▼参加費: 一般9,500円、女性7,500円、中学生以下6,500円。(船代、餌込み。およびJGFAサポート会員登録費1,000円含む) ※JGFA会員は上記から1,000円引きとなります。  
●審査対象:アマダイ (20cm以上)3尾以内の総重量
●ルール:IGFAルールに準ずる。電動リール、クッションゴムは使用不可
●道糸はPE2号以下に統一。仕掛けはテンビン2本バリ
●オモリ40~50号

▼参加申し込みは……「庄三郎丸」へ電話か、直接JGFA事務局まで。
JGFAの Eメールはこちら japan@jgfa.or.jp
 TEL:03-6280-3950 FAX:03-6280-3952

★詳しくはこちらをご覧ください↓
http://www.jgfa.or.jp/news/event/p000860.html
 

【私の釣った魚が日本記録になりました!】

ファイト時間40分で釣り上げて日本記録になったマカジキ。43.40kgを手にする

マカジキ   43.40kg   竹内 祐香さん

▼釣った日  2017.10.9

ジュニア日本記録 (16歳/女性)

初マカジキを手に大喜びしているのは栃木県宇都宮市に住む竹内祐香さん。家族らと茨城・大洗沖で釣り上げた魚で全長190cm。ファイト満々の相手に40分掛けてやっと釣り上げた魚です。周囲に水温の変化があって、各所にベイトが見えていたそうです。次はさらなる大物を釣り上げてください。

 

愛媛県愛南町沖で3.27kgのタチウオを釣った廣田健吾さん

★タチウオ   3.27kg(タイ記録)   廣田 研吾さん

▼釣った日  2017.10.21

 オールタックル


指幅8本強。ドラゴンサイズのタチウオを抱えるのは兵庫・神戸市の廣田研吾さん。釣行したのは大物が釣れることで知られる愛媛県愛南町沖。150gのメタルジグを使ってのジギングでヒットしたのがこの魚だった。「水深80mでのヒット。海面まで巻き上げる間、何度も暴れて楽しませてくれました」と廣田さん。ちなみに全長165cm。
 

沖縄・西表島のビーチでフライで前田穣さんが釣り上げたマゴチ

★マゴチ   0.70kg   前田 穣さん

▼釣った日  2017.9.22

 フライ/海水


青森県十和田市に住む前田穣さんが遠征したのは暖かい国、沖縄・西表島。広いビーチからのフライキャスティングで掛かった魚です。「あまり引きませんでしたが、ショックティペットはボロボロでした」――前田さんはマゴチの歯の鋭さにびっくりしていました。

 
            ★最新の日本記録リストはこちら
              http://www.jgfa.or.jp/record/   








 

★2017年11月13日現在、10件が世界記録申請中

(世界記録の審査結果通知はIGFAから直接本人あてに届きます。認定された方はJGFA事務局までご一報ください)

…お知らせ…

通信端末トレンドの変化を受け、HTML版でないテキストのみのメールマガジンの配信は、終了いたしました。なにとぞご了承くださいませ。なお、JGFAのホームページには以前に発行したメールマガジンのアーカイブがございますので、ぜひご活用ください。
お問い合わせに関するご案内
「配信の停止」についてはhttps://www.jgfa.or.jp/mailmag/より解約を行ってください。
※お使いのメーラーでHTMLメールを表示できない場合は、こちらからもご覧いただけます。
© JGFA. All rights reserved.